終活相談サロン パワーオブインシュアランス

ひとこと
“争続”にならないために… エンディングノート書き方セミナーに潜入してきた!
オススメ
 9月21日、守口市役所の貸会議室で行われた「エンディングノートの書き方セミナー」に参加してきた。冒頭、セミナー講師の田中勝也さんからいわゆる“争続”になりやすい事例の紹介があった。「“うちはお金がないから”という人ほど危ない。預貯金が少なく、資産が不動産のみだと分割できなくて揉(も)めることが多い」。「ウチは子どもがいないから大丈夫」と高をくくっている人も安心はできない。夫(妻)の兄弟姉妹には相続権が発生するし、兄弟姉妹が亡くなっている場合にはその子どもである姪や甥にも権利がある。家系図を示しながら、具体例を挙げて説明してくれるので非常に分かりやすい。
 第二部はいよいよエンディングノートの出番だが、会場では練習問題のプリントが配られた。「一番大切な人は誰ですか?」「趣味や好きなお店・好きな番組・好きな音楽」、「余命半年と言われたらやっておきたいこと」「大切な人に伝えたいこと」などの項目が並ぶ。練習のプリントといっても、書き上げるにはけっこうなパワーを使う。
 「自分のこと、家族のこと、相続のことなど自分の意思を伝える上でエンディングノートに書き記しておくことはとても重要。普段話しづらいことでも、ノートに書き起こすことで家族とコミュニケーションを取るきっかけになる。何より残された家族が“争続”に巻き込まれなくて済む」と田中さん。相続トラブル事例の分かりやすい解説に加え、実際のエンディングノートも頂戴し、おじさん記者にとっても有意義なセミナーとなった。

■エンディングノート書き方セミナー【事前予約制】
12月11日(火)10:00〜12:00
□場 所:守口市役所 貸会議室703号室(守口市京阪本通2−5−5)
□定 員:15人(先着順)
□参加費:1000円(エンディングノート代込み)
住所・連絡先
守口市河原町10−15 テルプラザ2階
【地図】
電話06-6991-1414
営業時間 9:00〜17:00
定休日 不定休
メールアドレス:pofi@pofi.co.jp