ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2020/7/16

コロナ禍を好機に地元産トマトを使用、ソース開発

大浦鮮魚店

コロナ禍を好機に地元産トマトを使用、ソース開発
▲コロッケソースを試食する参加者(撮影・繁澤)

 鮮魚や総菜を取り扱う大浦鮮魚店(東広島市安芸津町風早、大浦充弘店長)がこのほど、看板商品のコロッケにかけるソースを開発、試食会を7月8日、同市西条岡町の「ミライノ+」で行った。

 同店は新型コロナウイルス感染拡大の影響で4月の売り上げが激減。窮地を打開するため、5月上旬、市のプロフェッショナル人材活用事業を活用し、飲食コンサルタントの助言を受けながら看板商品のコロッケにかけるソースを開発することにした。安芸津産のトマトをベースに使用しながら、3種類の試作品を作った。

 試食会には大学院生やフリーライター5人が参加。用意されたコロッケ弁当に3種類の試作ソースをつけて食べ比べをした。

 試食会に参加した大学院の片山拓実さん(23)は「いろいろなソースの味が楽しめた。中でもカレー風味のソースがとてもおいしかった。若い世代にもきっと受け入れられると思う」と話していた。大浦店長は「新商品の開発がスタッフの元気につながっている。たくさんの人に食べてもらいたい」と笑顔で話している。

 新商品のソースが付いたコロッケ弁当(650円)は7月21日に発売予定。

(繁澤)


最新ニュース

酒まつり、ウェブで開催 全国、世界に日本酒アピール

「SDGs未来都市」に選定 東広島市が県内市町で初

市民寄付マスクを東広島市へ 市内の36の郵便局が1800枚引き渡し

食品ロス削減の標語募集

桂文珍独演会 今年は中止に 新型コロナ感染拡大防止で

大谷市議が死去

黒瀬町で買い物をしよう 10%プレミアム付き商品券販売 黒瀬商工会

顧客飽きさせない工夫を 旬の食材で味に変化 広島エアポートホテル 荒川慎一郎料理長

風鈴が紡ぐ「平和の音」 折り鶴風鈴商品化 かわさきプロテクト

1周年迎え特別料金で施術 東広島すずらん接骨院

新型コロナ 東広島市中小企業等緊急相談窓口の状況

尾道市の野良猫の生息状況を調査 「人の手の介入、猫との共生には大切」

宇山で崖崩れ2人が死亡 市長 避難勧告発令の遅れを謝罪

電子マネーカードを悪用 特殊詐欺被害を阻止 セブンイレブン東広島造賀店

地域の防犯活動に尽力 東広島署・市防犯連合会 2団体と15人を表彰

豪雨被災の農地 東広島市が復旧工事や助成 7月31日までに連絡

今年はオンラインで開催 ひがしひろしま環境フェア

夏季限定「あんずもみじ」発売 にしき堂

古民家改装 くつろぎの空間 総菜の持ち帰りが人気 憩いのカフェ「hanza」

7月23日、ホテルヴァンコーネル1階にオープン 高級食パン専門店 瀬都 西条店


pagetop