ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2020/7/9

「地域文化の交流拠点に」

新市立美術館 市民向けに内覧会

新市立美術館 市民向けに内覧会
▲新美術館の中を見て回る親子連れ(撮影・茨木)

 東広島市教委は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で3月から延期していた新美術館(西条栄町)の市民向け内覧会をこのほど開いた。前美術館(八本松町南)と比べ約2・5倍の広さの展示室や、市民の芸術活動の発表の場となるアートギャラリーなどを公開した。

 新美術館は、鉄筋4階建て延べ床面積3947平方mの規模。3階に企画展用の展示室A(約600平方m)、2階に常設展用の展示室B(約300平方m)とアートギャラリー、1階にワークショップなどを行うアートスペースを備える。 美術作品を展示する2階以上は、作品保護の観点から「外からは光が入りにくく、中からは視界を確保しやすい」日本の城の「狭間(さま)」に似た形の窓を配置している。

 内覧会は、新型コロナウイルスの感染予防対策として、1時間ずつの4回に分けて行われた。参加者は、館内を順路に沿って見学。展示室の稼動壁や窓の形について学芸員からの説明を聞いたり、窓から見える景色を楽しんだりした。

 6月28日に家族4人で参加した西条中央の会社員井ノ上智之さん(36)は「ゆっくりと見学できた。公園との一体感がすてきだと思う」と笑顔。同美術館の松田弘館長(64)は「内覧会が、市民の皆さんの美術活動の契機になれば。地域の文化の交流拠点として、皆さんの活動を生かせる場所にしていきたい」と話していた。7月12日にも事前に募集した市民などを対象に内覧会を行う。

 開館は11月3日。開館記念特別企画展として、同美術館が所蔵する美術作品の精華を展示する「コレクション展(仮)」を開催する。

  (茨木)


最新ニュース

酒まつり、ウェブで開催 全国、世界に日本酒アピール

「SDGs未来都市」に選定 東広島市が県内市町で初

市民寄付マスクを東広島市へ 市内の36の郵便局が1800枚引き渡し

食品ロス削減の標語募集

桂文珍独演会 今年は中止に 新型コロナ感染拡大防止で

大谷市議が死去

黒瀬町で買い物をしよう 10%プレミアム付き商品券販売 黒瀬商工会

顧客飽きさせない工夫を 旬の食材で味に変化 広島エアポートホテル 荒川慎一郎料理長

風鈴が紡ぐ「平和の音」 折り鶴風鈴商品化 かわさきプロテクト

1周年迎え特別料金で施術 東広島すずらん接骨院

新型コロナ 東広島市中小企業等緊急相談窓口の状況

尾道市の野良猫の生息状況を調査 「人の手の介入、猫との共生には大切」

宇山で崖崩れ2人が死亡 市長 避難勧告発令の遅れを謝罪

電子マネーカードを悪用 特殊詐欺被害を阻止 セブンイレブン東広島造賀店

地域の防犯活動に尽力 東広島署・市防犯連合会 2団体と15人を表彰

豪雨被災の農地 東広島市が復旧工事や助成 7月31日までに連絡

今年はオンラインで開催 ひがしひろしま環境フェア

夏季限定「あんずもみじ」発売 にしき堂

古民家改装 くつろぎの空間 総菜の持ち帰りが人気 憩いのカフェ「hanza」

7月23日、ホテルヴァンコーネル1階にオープン 高級食パン専門店 瀬都 西条店


pagetop