ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2020/6/25

医療従事者に応援弁当

市が市民から寄付金募る

医療従事者に応援弁当
▲届けられた作りたての弁当を受け取る勇木院長(右端)と榎看護部長(右から2人目)

 医療現場の最前線で働く医師や看護師たちを食で応援しようと、東広島市内の飲食店などが昼食用の弁当を感染症指定医療機関の東広島医療センター(東広島市西条町寺家)に届ける活動を6月5日から始めた。市内の23業者が分担して、6月の毎週金曜日に各日110食を無償提供する。費用は、市が市民などから募った「感謝と応援寄付金」を活用する。

 12日には、仕出し店など6業者が、作りたての弁当を昼の休憩時間に間に合うように届けた。弁当はいずれも1食1000円相当で、市民から寄せられた「どうぞお疲れが出ませんように」などの応援メッセージもカードにして添えた。

 サバのみりん煮や白身魚のフライが入った幕の内弁当を届けた、黒瀬町丸山の仕出し・懐石柳谷の柳谷隆則代表は「心を込めて作った。ゆっくりと味わって疲れを癒やしてもらえたら」と話していた。

 弁当を受け取った同センターの勇木清院長は「心遣いが本当にうれしい。精神的に緊張した日々の中で、形で届く応援に感謝している」。榎実穂看護部長は「想像以上のお弁当に、毎回職員から歓声が上がるほど。気持ちも温まり、おなかも膨らむ」と笑顔だった。

(茨木)


最新ニュース

「街が華やいだよう」生け花3000本酒蔵彩る ―酒造8社と花屋7店が協力

新型コロナ 東広島の労働環境は…B 市・商議所の支援と企業の動き

東広島市議会 6月定例会総括 条例制定 長期間欠席議員の報酬減額

「地域文化の交流拠点に」 新市立美術館 市民向けに内覧会

「高配当」語る詐欺未然に防ぐ 東広島署 郵便局員に感謝状

手を触れずペダル踏んで消毒 三ツ和工業 板金加工技術生かす

訃報 冨吉邦彦氏

アゲハチョウ飼育キット 市内全小学校にプレゼント

文科省の読書活動優秀実践校に 磯松中 学校図書館の活用法工夫

「まちなか商店」期間限定オープン エプロンや洋服など販売

本格広島つけ麺「麺屋COO」 五エ門2階にオープン

「西条中央公園」リニューアル 新美術館に併設 地域の交流スポットに

バス交通結節点を整備 広島大学内2カ所に

新型コロナ 東広島市中小企業等緊急相談窓口の状況

広島アセアン協会のこと メンテックワールド社長 小松節子のハートフルメッセージ


pagetop