ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2020/6/18

3Dプリ\ンターで顔用シールド製作 東広島記念病院へ120個寄付

近畿大工学部

山名理事長にフェースシールドの付け方を説明する黄教授(右)
▲山名理事長にフェースシールドの付け方を説明する黄教授(右)

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で需要が高まる医療防護具の不足を補ってもらおうと、東広島市高屋町うめの辺の近畿大工学部が5月26日、学内の3Dプリンター6台を使って製作した医療用のフェースシールド120個を、同市西条町吉行の東広島記念病院に寄付した。

 同大卒業生の高下朋彦さんが社長を務める呉市中央の日本プラント設計がフレームを設計し、同大工学部ロボティクス学科の黄健教授と同学科教員が製作に協力した。フレームは樹脂製で、市販のクリアファイルやポリ袋などをクリップで固定して使う。シールド部分を簡単に交換できるため、フレームを廃棄せずに繰り返し使うことができる、という。 +

 東広島記念病院の山名二郎理事長は「膠原(こうげん)病などで免疫を抑制せざるを得ない患者もいるため、まずは私たちスタッフが感染しないようにしなければいけない。受付や健診、高齢者宅の訪問介護などに活用したい」と感謝。黄教授は「医療現場の人たちが危険にさらされている状況を一刻でも早く改善する必要があると考え、教職員で協力して製作した」と話していた。

 近畿大学は5月15日、全学を挙げて新型コロナウイルス感染症の対策支援プロジェクトをスタート。今後、全国14学部の全教職員から集めた関連研究や支援活動の企画提案を基に感染症対策に取り組んでいく。

 (茨木)


最新ニュース

「街が華やいだよう」生け花3000本酒蔵彩る ―酒造8社と花屋7店が協力

新型コロナ 東広島の労働環境は…B 市・商議所の支援と企業の動き

東広島市議会 6月定例会総括 条例制定 長期間欠席議員の報酬減額

「地域文化の交流拠点に」 新市立美術館 市民向けに内覧会

「高配当」語る詐欺未然に防ぐ 東広島署 郵便局員に感謝状

手を触れずペダル踏んで消毒 三ツ和工業 板金加工技術生かす

訃報 冨吉邦彦氏

アゲハチョウ飼育キット 市内全小学校にプレゼント

文科省の読書活動優秀実践校に 磯松中 学校図書館の活用法工夫

「まちなか商店」期間限定オープン エプロンや洋服など販売

本格広島つけ麺「麺屋COO」 五エ門2階にオープン

「西条中央公園」リニューアル 新美術館に併設 地域の交流スポットに

バス交通結節点を整備 広島大学内2カ所に

新型コロナ 東広島市中小企業等緊急相談窓口の状況

広島アセアン協会のこと メンテックワールド社長 小松節子のハートフルメッセージ


pagetop