ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2020/6/18

「生き残っていける支援を」

飲食店関係者が東広島市に要望書提出

高垣市長(右)に要望書を手渡す藤田支部長
▲高垣市長(右)に要望書を手渡す藤田支部長

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う飲食業界の大幅な収益減や赤字経営を受け、東広島市内の飲食店関係者でつくる広島県料理業生活衛生同業組合東広島支部(藤田寛治支部長)は6月4日、国や県の緊急経済対策や雇用調整助成金などで抜け落ちた部分を補う、即効性のある支援を求め、市に要望書を提出した。

 要望書では、「外出自粛要請が解除された今でも客足が戻らず、家賃の支払いに苦慮している事業者が相当数いる。休業、閉店せざるを得ない状況が広がっている」として、▽家賃負担に見合う固定費の補助▽資金繰りの不安を早急に解消するための支援の拡充▽新たな助成金などの制度の創設▽事態収束後の復興支援―など4項目を求めた。

 この日は、藤田支部長たち4人が市役所を訪れ、高垣広徳市長に要望書を手渡した。藤田支部長は「市内の飲食店が生き残っていける支援を期待している」と述べ、高垣市長は「政府の一定の支援制度が整いつつあり、そこを後押しできる仕組みを作っていく必要がある。その1つとして商議所内に相談窓口を設置した。今後も政府や県と連動して、できるだけの応援をしていく」と話していた。

 市と東広島商議所は6月1日、中小企業診断士や社会保険労務士などが、国・県などの各種支援策の活用に関するアドバイスや申請書類の作成支援を行う「中小企業等緊急相談窓口」を同商議所内に開設した。

  (茨木)


最新ニュース

「街が華やいだよう」生け花3000本酒蔵彩る ―酒造8社と花屋7店が協力

新型コロナ 東広島の労働環境は…B 市・商議所の支援と企業の動き

東広島市議会 6月定例会総括 条例制定 長期間欠席議員の報酬減額

「地域文化の交流拠点に」 新市立美術館 市民向けに内覧会

「高配当」語る詐欺未然に防ぐ 東広島署 郵便局員に感謝状

手を触れずペダル踏んで消毒 三ツ和工業 板金加工技術生かす

訃報 冨吉邦彦氏

アゲハチョウ飼育キット 市内全小学校にプレゼント

文科省の読書活動優秀実践校に 磯松中 学校図書館の活用法工夫

「まちなか商店」期間限定オープン エプロンや洋服など販売

本格広島つけ麺「麺屋COO」 五エ門2階にオープン

「西条中央公園」リニューアル 新美術館に併設 地域の交流スポットに

バス交通結節点を整備 広島大学内2カ所に

新型コロナ 東広島市中小企業等緊急相談窓口の状況

広島アセアン協会のこと メンテックワールド社長 小松節子のハートフルメッセージ


pagetop