ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2020/5/21

マスク寄贈など支援の輪広がる 

東広島市や市社協に申し出

石巻市の企業から市社協にマスク


▲贈られたマスクを手に笑顔の施設利用者

 東広島市社会福祉協議会にこのほど、宮城県石巻市の印刷会社デジタルプレイスから新型コロナウイルス対策の支援物資としてマスクが届いた。市社協が2013年度から15年度まで、東日本大震災の復興支援の一環として、同社にカレンダーの作成を依頼していた縁がある。

 贈られたのは手作り布マスク200枚、不織布マスク100枚、ファッションマスク80枚。

 マスクは市社協が運営するデイサービスセンターなどの利用者に配布された。

(福本)


市にマスク寄贈 伯和グループ

市にマスク寄贈 伯和グループ
▲市役所を訪れあいさつする安本社長(左)

 東広島市八本松西の伯和グループはこのほど、東広島市に不織布マスク5000枚を寄贈した。4月27日に同社の安本政基社長が市役所を訪れ、高垣広徳市長に目録を手渡した。

 同社は「お客さまやスタッフの安全、安心を守ると共に、1日でも早く地域の人々の笑顔が戻ることを願っています」と話している。

(待田)


マスクと消毒液贈る 東広島RC

 東広島ロータリークラブ(荒谷正彦会長)はこのほど、新型コロナウイルス感染拡大防止に役立ててもらおうと、マスク1000枚、消毒液約180リットルを東広島市に寄贈した。

 市では贈られたマスクと消毒液を医療施設や介護施設などで利用することにしている。

  (福本)


抗ウイルス除菌・洗浄剤贈る 三次市の木工所

 木のおもちゃの製造・販売などを行う、三次市の一場木工所(寺河未帆社長)は4月30日、同社オリジナルの抗ウイルス除菌・洗浄剤「Wood

 Refresher(ウッドリフレッシャー)除菌プラス」(300ミリリットル)を東広島市に61本寄付した。市内の放課後児童クラブ59カ所と、児童館2カ所に配布され、児童たちが扱う物品の除菌・清掃に活用する。

 東広島市の地域林政支援員として森林・林業行政の支援を行ってきた寺河社長が、同市の児童たちにも使ってもらいたい、と寄付を決めた。

  (茨木)


民生委員・児童委員協へマスク贈呈

民生委員・児童委員協へマスク贈呈
▲マスクについて話をする(左から)高垣市長、民生委員・児童委員協の繻エ征男会長、市社協の高橋幸夫会長

 新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、東広島市と市社協は5月13日、市民生委員・児童委員協議会にマスク317枚を贈り、市役所で贈呈式を行った。贈られたマスクは、医療機器メーカーのコーポレーションパールスター(同市安芸津町三津)が開発して、4月13日に市と市社協に寄付した布マスクで、抗菌効果が高く洗って何度も繰り返し使える。

  (茨木)


最新ニュース

子ども用マスク作りに取り組む 高屋西小PTA 親子折り紙教室

新型コロナへの対応を協議 被災者支援のボランティア活動

一般質問で会派を分析 東広島市議会@ 創志会 農業分野に切り込む

介護サポーターを知って 事業説明会・面談会に48人参加

東広島RC 外国人児童生徒を支援 市教委に多国語翻訳機贈呈

広島大学の若手研究者に聞く 選手のパフォーマンスの最適化のため、体温に着目

新型コロナ 東広島市中小企業等緊急相談窓口の状況

消防局が住民4人に感謝状 火災鎮火に貢献、水難事故で人命救助

桃が旬、例年より甘く 阿部農園で収穫真っ盛り

東広島市が表彰制度新設 優良工事施工で業者5社表彰

西條商事 豊栄地区で販売スタート! 移動スーパー「とくし丸」

介護サポートの味方 マッスルスーツ寄贈 メンテックワールド・広銀が八本松病院に

英検が受けられるセンター 寺家駅前にオープン

「食事の際などに活用して」 外したマスクを包んで保管 大洋印刷が商品開発

全室個室のプライベート空間で焼肉を 「大たにや」オープン


pagetop