ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2020/5/21

マスク寄贈など支援の輪広がる 

東広島市や市社協に申し出

石巻市の企業から市社協にマスク


▲贈られたマスクを手に笑顔の施設利用者

 東広島市社会福祉協議会にこのほど、宮城県石巻市の印刷会社デジタルプレイスから新型コロナウイルス対策の支援物資としてマスクが届いた。市社協が2013年度から15年度まで、東日本大震災の復興支援の一環として、同社にカレンダーの作成を依頼していた縁がある。

 贈られたのは手作り布マスク200枚、不織布マスク100枚、ファッションマスク80枚。

 マスクは市社協が運営するデイサービスセンターなどの利用者に配布された。

(福本)


市にマスク寄贈 伯和グループ

市にマスク寄贈 伯和グループ
▲市役所を訪れあいさつする安本社長(左)

 東広島市八本松西の伯和グループはこのほど、東広島市に不織布マスク5000枚を寄贈した。4月27日に同社の安本政基社長が市役所を訪れ、高垣広徳市長に目録を手渡した。

 同社は「お客さまやスタッフの安全、安心を守ると共に、1日でも早く地域の人々の笑顔が戻ることを願っています」と話している。

(待田)


マスクと消毒液贈る 東広島RC

 東広島ロータリークラブ(荒谷正彦会長)はこのほど、新型コロナウイルス感染拡大防止に役立ててもらおうと、マスク1000枚、消毒液約180リットルを東広島市に寄贈した。

 市では贈られたマスクと消毒液を医療施設や介護施設などで利用することにしている。

  (福本)


抗ウイルス除菌・洗浄剤贈る 三次市の木工所

 木のおもちゃの製造・販売などを行う、三次市の一場木工所(寺河未帆社長)は4月30日、同社オリジナルの抗ウイルス除菌・洗浄剤「Wood

 Refresher(ウッドリフレッシャー)除菌プラス」(300ミリリットル)を東広島市に61本寄付した。市内の放課後児童クラブ59カ所と、児童館2カ所に配布され、児童たちが扱う物品の除菌・清掃に活用する。

 東広島市の地域林政支援員として森林・林業行政の支援を行ってきた寺河社長が、同市の児童たちにも使ってもらいたい、と寄付を決めた。

  (茨木)


民生委員・児童委員協へマスク贈呈

民生委員・児童委員協へマスク贈呈
▲マスクについて話をする(左から)高垣市長、民生委員・児童委員協の繻エ征男会長、市社協の高橋幸夫会長

 新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、東広島市と市社協は5月13日、市民生委員・児童委員協議会にマスク317枚を贈り、市役所で贈呈式を行った。贈られたマスクは、医療機器メーカーのコーポレーションパールスター(同市安芸津町三津)が開発して、4月13日に市と市社協に寄付した布マスクで、抗菌効果が高く洗って何度も繰り返し使える。

  (茨木)


最新ニュース

「良い親子関係を築いて」 臨床心理士 土居さん オンラインでペアトレ講座

地元飲食店の弁当を販売 のん太応援お弁当・お総菜コーナー設置 ショージ

バスを作ろう! ペーパークラフトの型紙配信 芸陽バス

東広島ブランド地鶏開発担う 「日本鶏の研究価値を高めたい」

東広島でも広がる! 子どもの学び、オンラインで応援!

東広島生活応援ナビ 紙面×WEB×ラジオで情報発信!

心身の悩み 相談に応じる 東広島市が高齢者電話相談窓口を開設

東広島市新型コロナ対策 市営住宅を提供 解雇などで退去の市民に

生活困窮者など支援しよう 寄付金を受け付け 東広島市

特別定額給付金の申請受付開始 東広島市 地元の大学生を事務で採用

地域の経営者を全力支援 せとうちみらいパートナーズ 東広島事務所を開設

23日に1周年記念イベント とれたて元気市となりの農家店

マスク寄贈など支援の輪広がる 東広島市や市社協に申し出

かんきつ思わせる爽やかな香り 「純米吟醸 夏まつり」販売開始 西條鶴醸造


pagetop