ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2020/4/9

広島大 日本酒「広大(ひろだい)」を販売 

賀茂泉とタイアップ


▲広島大学と賀茂泉がタイアップした日本酒「広大」。純米大吟醸は、生協店舗を除き、希望者には箱なし(2310円)も販売する

 広島大は賀茂泉酒造とタイアップし、日本酒「広大(ひろだい)」の販売をこのほど開始した。大学名が銘柄になった日本酒は全国でも珍しいという。

 広島大の越智光夫学長が「酒どころにメインキャンパスがある広島大学をアピールする日本酒を」と提案したことがきっかけ。賀茂泉酒造が数年前まで、東広島キャンパスの情景をイラストにした「広大(こうだい)」という銘柄の日本酒を販売していたことを知り、その銘柄を受け継ぐことにした。

 720ミリリットルの純米大吟醸と1800ミリリットルの純米酒の2種類。ラベルデザインは学内で公募し、教育学研究科就職情報資料室の重政晃客員准教授のデザインを採用。広島大の学章とフェニックスタワーがあしらわれている。720ミリリットルの「広大」の文字デザインは越智学長が揮ごうした。

 東広島キャンパスの生協店舗、ゆめタウン学園店などの他、賀茂泉オンラインショップで取り扱っている。販売価格は純米大吟醸が2420円(箱有り)、純米酒が2420円(箱なし)。価格はいずれも税込み。

 (日川)


最新ニュース

「良い親子関係を築いて」 臨床心理士 土居さん オンラインでペアトレ講座

地元飲食店の弁当を販売 のん太応援お弁当・お総菜コーナー設置 ショージ

バスを作ろう! ペーパークラフトの型紙配信 芸陽バス

東広島ブランド地鶏開発担う 「日本鶏の研究価値を高めたい」

東広島でも広がる! 子どもの学び、オンラインで応援!

東広島生活応援ナビ 紙面×WEB×ラジオで情報発信!

心身の悩み 相談に応じる 東広島市が高齢者電話相談窓口を開設

東広島市新型コロナ対策 市営住宅を提供 解雇などで退去の市民に

生活困窮者など支援しよう 寄付金を受け付け 東広島市

特別定額給付金の申請受付開始 東広島市 地元の大学生を事務で採用

地域の経営者を全力支援 せとうちみらいパートナーズ 東広島事務所を開設

23日に1周年記念イベント とれたて元気市となりの農家店

マスク寄贈など支援の輪広がる 東広島市や市社協に申し出

かんきつ思わせる爽やかな香り 「純米吟醸 夏まつり」販売開始 西條鶴醸造


pagetop