ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2020/4/2

コロナに便乗するこの電話に注意!

 新型コロナウイルスに便乗した不審な電話やメールについての相談が、県内の消費生活センターや警察署に寄せられている。以下のような事例は、詐欺被害につながる可能性が高い。答えたり、返信したりせず、不審に思った時は、同センターや警察署に相談を。

県内の消費生活相談窓口に寄せられている相談

●「新型コロナウイルスによる肺炎が広がっている問題で、マスクを無料送付する。確認をお願いします」というURL付きのショートメッセージが届いた。

●「マスクの注文承りました。マスクを代引きで明日発送します。受け取らない場合は返信してください」という電子メールが携帯電話に届いた。今までネット通販を利用したことはなく、覚えがない。

●市役所職員をかたって不審な電話があった。「コロナウイルス対策で、マスクを配布している。ATMに向かうように」と言われた。

広島県警が受けた相談

 3月12日、広島市内の家庭に、新型コロナウイルス感染症を口実とした不審な電話があった。保健所の職員を名乗る人物から「コロナの関係で、タオル、マスク、消毒液と薬を無料で配っています。お宅は何人家族ですか」と聞く内容。

相談は
東広島市消費生活センター 082(421)7189
東広島警察署  082(422)0110

>>国民生活センターのホームページで全国の事例もチェック!


最新ニュース

「良い親子関係を築いて」 臨床心理士 土居さん オンラインでペアトレ講座

地元飲食店の弁当を販売 のん太応援お弁当・お総菜コーナー設置 ショージ

バスを作ろう! ペーパークラフトの型紙配信 芸陽バス

東広島ブランド地鶏開発担う 「日本鶏の研究価値を高めたい」

東広島でも広がる! 子どもの学び、オンラインで応援!

東広島生活応援ナビ 紙面×WEB×ラジオで情報発信!

心身の悩み 相談に応じる 東広島市が高齢者電話相談窓口を開設

東広島市新型コロナ対策 市営住宅を提供 解雇などで退去の市民に

生活困窮者など支援しよう 寄付金を受け付け 東広島市

特別定額給付金の申請受付開始 東広島市 地元の大学生を事務で採用

地域の経営者を全力支援 せとうちみらいパートナーズ 東広島事務所を開設

23日に1周年記念イベント とれたて元気市となりの農家店

マスク寄贈など支援の輪広がる 東広島市や市社協に申し出

かんきつ思わせる爽やかな香り 「純米吟醸 夏まつり」販売開始 西條鶴醸造


pagetop