ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2020/3/26

新型車両とドローン導入し公開訓練 

東広島市消防局 西日本豪雨災害を教訓

導入した化学水槽車で放水訓練を行う隊員
▲導入した化学水槽車で放水訓練を行う隊員

 東広島市消防局は、西日本豪雨災害での救助活動を教訓に、断水時でもまとまった水が確保できる大型水槽を備えた化学水槽車などを導入し、近く配備する。3月13日には、同消防局内で公開訓練が行われた。

生存者の熱源を感知する赤外線カメラのモニター
▲生存者の熱源を感知する赤外線カメラのモニター

 今回導入された化学水槽車は、積載水量8000リットルと県内最大で、水による消火が不可能な危険物火災に対応する薬液500リットルも合わせて積載できる。悪路の走破能力に優れ、多くの人員や機材を搬送できる新型の指揮車両と、霧や煙が立ち込める中でも生存者の熱源を感知する赤外線カメラ搭載の無人航空機ドローンも合わせて導入した。購入費は総額で約9100万 円。

 この日は、西日本豪雨の際に管内で発生した実際の災害現場が再現され、倒壊した家屋に取り残された人の救助と、倒壊家屋付近で発生した火災の消火訓練が行われた。警防課の隊員がドローンを操作して要救助者を発見、救助隊員たちが指揮車両で現場に到着して、要救助者を助け出した。 消火栓や防火水槽が土石流によって埋まり水源が確保できない中、化学水槽車が駆け付け放水を行った。

 東広島消防署の山中勝司副署長は「新たな装備の配備は、安心安全な町づくりにつながる」と期待しながらも「こういった装備を使わなくてもいいように、市民一人一人に早めの避難を心掛けてもらいたい」と話していた。

   (茨木)


最新ニュース

東広島でも広がる! 子どもの学び、オンラインで応援!

東広島生活応援ナビ 紙面×WEB×ラジオで情報発信!

心身の悩み 相談に応じる 東広島市が高齢者電話相談窓口を開設

東広島市新型コロナ対策 市営住宅を提供 解雇などで退去の市民に

生活困窮者など支援しよう 寄付金を受け付け 東広島市

特別定額給付金の申請受付開始 東広島市 地元の大学生を事務で採用

地域の経営者を全力支援 せとうちみらいパートナーズ 東広島事務所を開設

23日に1周年記念イベント とれたて元気市となりの農家店

マスク寄贈など支援の輪広がる 東広島市や市社協に申し出

かんきつ思わせる爽やかな香り 「純米吟醸 夏まつり」販売開始 西條鶴醸造

臨時休業店舗一覧 ※2020年5月8日現在の情報

東広島市 新型コロナ対策 201億円の補正予算 生活者や経済活動支援

ドライブスルー式検体採取所を設置

園児・児童に手作りマスクプレゼント 「笑顔に会えるの楽しみに」

医療従事者へ拍手で届ける感謝 「フライデーオベーション」始まる

「家の中でできる運動を」 親子で楽しめる動画配信開始 JOYアスリートクラブ

地酒を使った「酒スイーツBOX」 クラウドファンディングで販売開始

「次亜塩素酸水で感染予防を」 肌に優しい消毒水を販売 オスカー管財

2022年春開業予定 新しい道の駅の名称募集 東広島市


pagetop