ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2020/3/26

「地域のために役立てて」

3団体に寄付 JA広島中央

3団体に寄付 JA広島中央
▲東広島市社協の高橋会長(右)に目録を手渡す河野組合長

 JA広島中央は、昨年10月21日から12月19日まで募集した「食農・地域の応援隊定期貯金」の預け入れ金額の0・01%分に相当する28万8000円をこのほど、東広島市社協、三原市社協、県交通安全協会の3団体に寄付した。寄付金は、高齢者福祉や交通安全啓発活動などに活用される。

 食農定期貯金では、管内産の米「恋の予感」の玄米や、「黒瀬牛」すき焼き用肉など、地域の農畜産物を記念品としてプレゼントしている。地元の農業を応援してもらうきっかけになれば、と2014年から販売を開始。年に1〜2回、ボーナス時期や年末などに募集していて、利用者からは「毎年楽しみにしている」と好評。18年からは、「地域のために役立てて」と、預け入れ金額の一部相当額を地域団体へ寄付している。

 3月2日には東広島市西条栄町の本店で贈呈式が開かれ、JA広島中央の河野孝行組合長が、東広島市社協の高橋幸夫会長、三原市社協の馬越豊文会長、県交通安全協会の酒井伸治専務理事に目録を手渡した。

  (茨木)


最新ニュース

SNSで開発商品の意見を 東広島の食つくり手とつかい手プロジェクト

東広島地区医師会にフェースシールド寄付 東広島ライオンズクラブ

第2波へ備え、緊張感持って対応 東広島地区医師会 山田 謙慈会長

社員は会社の宝 メンテックワールド社長 小松節子のハートフルメッセージ

「良い親子関係を築いて」 臨床心理士 土居さん オンラインでペアトレ講座

地元飲食店の弁当を販売 のん太応援お弁当・お総菜コーナー設置 ショージ

バスを作ろう! ペーパークラフトの型紙配信 芸陽バス

東広島ブランド地鶏開発担う 「日本鶏の研究価値を高めたい」

食材のうま味 プロが生かす 広島県料理業生活衛生同業組合 藤田寛治さん

配達OK!! グルメデリバリー通信

営業再開 店舗一覧(2020/5/28)

新型コロナ対策 素朴な疑問 【東広島市社会福祉協議会編】

臨時休校 東広島市の保護者の不安 【生活面編】


pagetop