ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2020/3/26

「地域のために役立てて」

3団体に寄付 JA広島中央

3団体に寄付 JA広島中央
▲東広島市社協の高橋会長(右)に目録を手渡す河野組合長

 JA広島中央は、昨年10月21日から12月19日まで募集した「食農・地域の応援隊定期貯金」の預け入れ金額の0・01%分に相当する28万8000円をこのほど、東広島市社協、三原市社協、県交通安全協会の3団体に寄付した。寄付金は、高齢者福祉や交通安全啓発活動などに活用される。

 食農定期貯金では、管内産の米「恋の予感」の玄米や、「黒瀬牛」すき焼き用肉など、地域の農畜産物を記念品としてプレゼントしている。地元の農業を応援してもらうきっかけになれば、と2014年から販売を開始。年に1〜2回、ボーナス時期や年末などに募集していて、利用者からは「毎年楽しみにしている」と好評。18年からは、「地域のために役立てて」と、預け入れ金額の一部相当額を地域団体へ寄付している。

 3月2日には東広島市西条栄町の本店で贈呈式が開かれ、JA広島中央の河野孝行組合長が、東広島市社協の高橋幸夫会長、三原市社協の馬越豊文会長、県交通安全協会の酒井伸治専務理事に目録を手渡した。

  (茨木)


最新ニュース

「地域のために役立てて」 3団体に寄付 JA広島中央

ポスターケースを寄贈 新美術館に設置 東広島WLC

新型車両とドローン導入し公開訓練 東広島市消防局 西日本豪雨災害を教訓

東広島市内の企業とマッチング 広島市で面接力UPセミナー

GABAが白米の約5〜10倍 創業者の思い受け継ぐ 株式会社サタケ

1年間かけマシンを設計・製作 毎年「全日本学生フォーミュラ大会」に参戦

コロナ対策 新谷正義衆議院議員に聞く

東広島で 輝く人 今週のキーワードは「前向き」

市の西側玄関口 標語を更新し除幕式 国道2号沿いの交通安全広告塔

レベルの底上げを 中学生に野球指導 伯和ビクトリーズ

龍王住民自治協が設立 市内48番目 龍王小開校で

「やさしい未来都市 東広島」 新ブランドメッセージ決まる

大会優勝と日本代表選出を報告 広島Salire 東広島市長を表敬訪問

市長と語ろう! 気軽におしゃべり 【テーマ】大学生の起業による定住

児童らマツダラガーマンと交流 郷田小でタグラグビー教室

全国大会で3位に輝く 2月末解散 中黒瀬小合唱部

「ブランコ」閉鎖 「居場所をなくさないで」 児童向け施設存続求め市に署名提出

「故郷に誇りを」組曲「西條」を構想 元中学校校長 平田 剛さん

西条農高生考案のサンドイッチ あすなろベイキングカンパニーで商品化

東広島の未来について考える 大学生と市民がアイデアを提案


pagetop