ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2020/3/12

西条農高生考案のサンドイッチ あすなろベイキングカンパニーで商品化

うまいもん甲子園で準優勝

2種類が入って390円の西農ポークサンド
▲2種類が入って390円の西農ポークサンド
西農ポークサンドが売られているあすなろベイキングカンパニーを訪れた三宅さん(左)と常友さん
▲西農ポークサンドが売られているあすなろベイキングカンパニーを訪れた三宅さん(左)と常友さん

 広島県立西条農業高校畜産科の生徒が考案し、昨年の「第8回ご当地!うまいもん甲子園」で準優勝したサンドイッチが商品化され、「西農ポークサンド」として東広島市西条土与丸のあすなろベイキングカンパニーで販売されている。3月29日までの土日祝限定。

 サンドイッチの具材には、同科の生徒が校内で育てた豚肉を加工した厚切りベーコンと、皮なしソーセージのサルシッチャを使用。厚切りベーコンには県内産のニンジンで作ったサラダを、サルシッチャにはレタスとトマトソースをそれぞれ合わせ、三原市大和町産のハトムギ粉を使ったクルミ入りのパンに挟み込んだ。1パックに2種類入って、価格は390円(税別)。1日限定30食。

 同科では、廃棄される麦茶殻を発酵させ、食品残さ飼料(エコフィード)として豚に与える研究を進めている。今年3月に卒業した三宅思乃さん(18)、安本彩乃さん(18)、常友美輝さん(18)が「自分たちが育てた豚肉をもっと知ってもらいたい」と、うまいもん甲子園への出場を決意。「SDGs(国連の持続可能な開発目標)」への貢献をコンセプトにレシピを考案した。

 同店の大野孝之代表(54)は「西農ポークを応援して地域を盛り上げたいという思いから商品化を決めた。午前中には完売する反響ぶり。生徒が愛情を込めて育てた西農ポークを、地域の皆さんに食べてもらいたい」と呼び掛けている。

 三宅さんたち3人は「私たちがいちから考案した商品がパン屋さんで商品化され、たくさんの人に知ってもらえてうれしい。サンドイッチを食べてもらって、西農ポークや私たちのSDGsの活動を知ってもらえたら」と話していた。

  (茨木)


最新ニュース

「地域のために役立てて」 3団体に寄付 JA広島中央

ポスターケースを寄贈 新美術館に設置 東広島WLC

新型車両とドローン導入し公開訓練 東広島市消防局 西日本豪雨災害を教訓

東広島市内の企業とマッチング 広島市で面接力UPセミナー

GABAが白米の約5〜10倍 創業者の思い受け継ぐ 株式会社サタケ

1年間かけマシンを設計・製作 毎年「全日本学生フォーミュラ大会」に参戦

コロナ対策 新谷正義衆議院議員に聞く

東広島で 輝く人 今週のキーワードは「前向き」

市の西側玄関口 標語を更新し除幕式 国道2号沿いの交通安全広告塔

レベルの底上げを 中学生に野球指導 伯和ビクトリーズ

龍王住民自治協が設立 市内48番目 龍王小開校で

「やさしい未来都市 東広島」 新ブランドメッセージ決まる

大会優勝と日本代表選出を報告 広島Salire 東広島市長を表敬訪問

市長と語ろう! 気軽におしゃべり 【テーマ】大学生の起業による定住

児童らマツダラガーマンと交流 郷田小でタグラグビー教室

全国大会で3位に輝く 2月末解散 中黒瀬小合唱部

「ブランコ」閉鎖 「居場所をなくさないで」 児童向け施設存続求め市に署名提出

「故郷に誇りを」組曲「西條」を構想 元中学校校長 平田 剛さん

西条農高生考案のサンドイッチ あすなろベイキングカンパニーで商品化

東広島の未来について考える 大学生と市民がアイデアを提案


pagetop