ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2020/3/12

人 INTERVIEW

「故郷に誇りを」組曲「西條」を構想 

元中学校校長 平田 剛さん(77)

平田 剛さん
ひらた つよし
1942年、朝鮮生まれ。三次市三和町在住。山口大学教育学部卒。65年4月〜沖中学校、69年4月〜宮島中学校、77年4月〜熊野中学校、81年4月〜西条中学校、92年4月〜磯松中学校で教頭、96年4月〜松賀中学校で校長、2000年4月〜西条中学校で校長。組曲「西條」の取り組みが評価され、西条中学校が平成30年度広島県教育賞を受賞。令和元年秋の叙勲で瑞宝双光章を受章。

 1965年4月から2003年3月まで、広島県内の公立中学校で学校教育に携わった。西条中学校の生徒が長年にわたって取り組む組曲「西條」の立役者としても知られる。

 小・中・高校と野球に明け暮れ、大学時代は野球部のキャプテンを務めた。プロ野球選手を目指していたが、チームとして芽が出ず、注目される機会に恵まれなかった。「でもしか先生≠チて言葉を知っているかな。教員にでも≠ネろうか、あるいは、教員しか≠ネれない人のことを指してそう呼ぶ。まさに私がそうだった」と冗談めかしながら「教員としての能力というより、周りの人に恵まれ、助けられた38年間だった」と振り返る。

 最初の赴任は江田島の沖美町にあった沖中(現・能美中)。バレーボール部やソフトボール部の指導を任され、郡市で優勝できるような部に成長させた。部活の指導力が見込まれ赴任した、廿日市市の宮島中では初めて野球部を指導。「指導に迷うこともあった」が、同中での教え子、佃正樹さんは広島商業高のエースとして活躍し、1973年夏の甲子園で全国制覇を果たした。

 38歳の時に西条中へ。学校が荒れていた時期で、たばこやシンナーを吸う生徒の指導にあたった。「至誠にして動かざる者は、未だ之れ有らざるなり」という吉田松陰の言葉を胸に、「誠の心を尽くせば、人は必ず心動かされる」と誠心誠意で生徒と向き合った。その頃、コーチを任されていた野球部には元広島東洋カープ投手の山内泰幸さんの姿もあった。

講演する平田さん(西条中校長当時)
▲講演する平田さん(西条中校長当時)

 磯松中へ教頭として赴任した後、松賀中で校長を4年間務め、再び校長として西条中へ。退職を1年後に控えた頃、他の教員たちと一緒に「子どもたちが郷里に自信と誇りが持てるものをつくりたい」と、組曲「西條」を構想。ソーラン節をアレンジした「南中ソーラン」で全国に知られた、北海道の中学校へ3人の教員を送り込んだ。地域住民や保護者に助けてもらいながら、全教員が一丸となって作り上げた。組曲「西條」は、2002年10月の酒まつりで披露された。

 退職後は、60歳まで続けた野球をやめ、元同僚に誘われて始めたソフトテニスに打ち込む日々。「子どもが楽しい学校をつくるために、現場一筋でやってきた。今後は健康に気を付け、奥さんとけんかしながらゆっくり過ごしたい」とほほ笑んだ。

(茨木)


最新ニュース

「地域のために役立てて」 3団体に寄付 JA広島中央

ポスターケースを寄贈 新美術館に設置 東広島WLC

新型車両とドローン導入し公開訓練 東広島市消防局 西日本豪雨災害を教訓

東広島市内の企業とマッチング 広島市で面接力UPセミナー

GABAが白米の約5〜10倍 創業者の思い受け継ぐ 株式会社サタケ

1年間かけマシンを設計・製作 毎年「全日本学生フォーミュラ大会」に参戦

コロナ対策 新谷正義衆議院議員に聞く

東広島で 輝く人 今週のキーワードは「前向き」

市の西側玄関口 標語を更新し除幕式 国道2号沿いの交通安全広告塔

レベルの底上げを 中学生に野球指導 伯和ビクトリーズ

龍王住民自治協が設立 市内48番目 龍王小開校で

「やさしい未来都市 東広島」 新ブランドメッセージ決まる

大会優勝と日本代表選出を報告 広島Salire 東広島市長を表敬訪問

市長と語ろう! 気軽におしゃべり 【テーマ】大学生の起業による定住

児童らマツダラガーマンと交流 郷田小でタグラグビー教室

全国大会で3位に輝く 2月末解散 中黒瀬小合唱部

「ブランコ」閉鎖 「居場所をなくさないで」 児童向け施設存続求め市に署名提出

「故郷に誇りを」組曲「西條」を構想 元中学校校長 平田 剛さん

西条農高生考案のサンドイッチ あすなろベイキングカンパニーで商品化

東広島の未来について考える 大学生と市民がアイデアを提案


pagetop