ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2020/2/13

FM東広島杯小学生バレーボール大会 33チームが熱戦

女子 上黒瀬 3年ぶり2回目
男子 八本松が2連覇

 第20回FM東広島杯小学生バレーボール大会(FM東広島主催、東広島小学生バレーボール連盟主管)が2月1日、東広島運動公園で開かれ、男女計33チームが熱戦を繰り広げた。男子は八本松バレーボールクラブが2年連続12回目、女子は上黒瀬女子バレーボールクラブ(JVC)が3年ぶり2回目の優勝を果たした。(茨木あゆ)

「ペース取り戻し、戦い切った」


▲女子の部で優勝した上黒瀬

 女子の部には24チームが出場。上黒瀬JVCは決勝戦で御薗宇スポーツ教室と対戦した。力のあるチーム同士で競り合いとなったが、次第にペースを取り戻した上黒瀬が優勢に。得意のサービスエースや、「相手チームが守りを固める前に速い攻撃で崩す」上黒瀬らしい戦い方で優勝をもぎとった。

 主将の岡日和さん(12)は「三ツ城スポーツ少年団と対戦した準決勝では、相手のペースに合わせてしまって、危ない場面もあった。決勝戦ではリズムを取り戻して戦い切れた。優勝できてうれしい」と笑顔で話していた。小林直輝監督(44)は「リズムの悪い試合運びもあったが、全体としては安心して見ていられた。身長の低いチームだが、サーブで攻めて、レシーブで拾ってつなげるコンビバレーができていたと思う」と選手たちをねぎらっていた。


「自分たちらしい戦いできた」


▲男子の部で優勝した八本松

 男子の部には9チームが出場。八本松バレーボールクラブは準決勝までをストレートで勝ち進み、決勝戦で小谷スポーツ少年団と対戦した。巧みにボールをつなぎ、長身で力のある2選手が鋭いスパイクを繰り出す八本松に、小谷は序盤から翻弄(ほんろう)され苦戦。「自分たちらしい戦いができた」と話す八本松が、速攻とフェイントをうまく使い分け、セットカウント2―0で頂点に立った。

 主将の加藤慶志君(12)は「全試合、相手チームの得点を10点以下に抑えることを目標に挑み、達成できた」と笑顔。エースの穐丸大夢君(同)は「いい流れで臨めた」と喜んでいた。

  • ▲女子の部の決勝戦

  • ▲準優勝の御薗宇

  • ▲準優勝の小谷

>>白熱の決勝戦! 写真はこちら


最新ニュース

子ども用マスク作りに取り組む 高屋西小PTA 親子折り紙教室

新型コロナへの対応を協議 被災者支援のボランティア活動

一般質問で会派を分析 東広島市議会@ 創志会 農業分野に切り込む

介護サポーターを知って 事業説明会・面談会に48人参加

東広島RC 外国人児童生徒を支援 市教委に多国語翻訳機贈呈

広島大学の若手研究者に聞く 選手のパフォーマンスの最適化のため、体温に着目

新型コロナ 東広島市中小企業等緊急相談窓口の状況

消防局が住民4人に感謝状 火災鎮火に貢献、水難事故で人命救助

桃が旬、例年より甘く 阿部農園で収穫真っ盛り

東広島市が表彰制度新設 優良工事施工で業者5社表彰

西條商事 豊栄地区で販売スタート! 移動スーパー「とくし丸」

介護サポートの味方 マッスルスーツ寄贈 メンテックワールド・広銀が八本松病院に

英検が受けられるセンター 寺家駅前にオープン

「食事の際などに活用して」 外したマスクを包んで保管 大洋印刷が商品開発

全室個室のプライベート空間で焼肉を 「大たにや」オープン


pagetop