ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2020/2/6

スポ少県大会で優勝、全国へ 

八本松バレーボールクラブ男子


▲3月の全国大会に出場する男子チームのメンバー

 東広島市内の小学生でつくる八本松バレーボールクラブ男子チームが、3月27日から岐阜県で開催される第18回全国スポーツ少年団バレーボール交流大会に出場する。昨年12月に広島市内であった県大会で3年ぶり3回目の優勝を果たし、全国への切符を手に入れた。

 県大会には県内から30チームが出場。準決勝までストレート勝ちで駒を進めていた八本松は、決勝戦で強豪チームの中筋ジュニアバレーボールクラブ(広島市)と対戦した。「サーブが強いチームなので、いつもよりサーブカットに集中して落ち着いたプレーができた」と振り返るのは主将の加藤慶志君(11)。身長173cmで力のある穐丸大夢君(12)や165cmの太田怜玖君(11)がチームの中心となって攻撃を仕掛け、2−0のストレートで中筋を下した。

 加藤君は「このメンバーでいつも通りにできればどのチームにも負ける気がしない」と笑顔。山本康弘監督(54)は「最後まで楽しんで経験を重ねてもらえたら」と話していた。全国大会には、各地区から選ばれた10チームが出場する予定。

 また、同大会女子の部では、上黒瀬JVCが出場することになっている。

 八本松の出場メンバーは以下の8人。加藤慶志君(久芳6年)、穐丸大夢君(西志和6年)、太田怜玖君(平岩6年)、北村匠君(三ツ城6年)、永谷悠惺君(八本松6年)、寺崎太基君(同5年)、平村陸君(同4年)、山本翔太君(同4年)。

(茨木)


最新ニュース

東広島市、新型コロナで連絡会 「感染症患者を出さないことを念頭に」

コロナに便乗するこの電話に注意!

技師増員 災害復旧を最優先 東広島市異動 次長級に「統括監」新設

職場ぐるみで健康づくりを 推進事業所にポイント 東広島市

地域に根付くこの企業 創業60年 株式会社キハラ楽器

完全個室でゆったり楽しめる 限定特別コースを用意 肉亭 楽歳

「地域のために役立てて」 3団体に寄付 JA広島中央

ポスターケースを寄贈 新美術館に設置 東広島WLC

新型車両とドローン導入し公開訓練 東広島市消防局 西日本豪雨災害を教訓

東広島市内の企業とマッチング 広島市で面接力UPセミナー

GABAが白米の約5〜10倍 創業者の思い受け継ぐ 株式会社サタケ

1年間かけマシンを設計・製作 毎年「全日本学生フォーミュラ大会」に参戦

コロナ対策 新谷正義衆議院議員に聞く

東広島で 輝く人 今週のキーワードは「前向き」

市の西側玄関口 標語を更新し除幕式 国道2号沿いの交通安全広告塔

レベルの底上げを 中学生に野球指導 伯和ビクトリーズ

龍王住民自治協が設立 市内48番目 龍王小開校で

「やさしい未来都市 東広島」 新ブランドメッセージ決まる

大会優勝と日本代表選出を報告 広島Salire 東広島市長を表敬訪問

市長と語ろう! 気軽におしゃべり 【テーマ】大学生の起業による定住


pagetop