ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2020/2/6

平均年齢70歳 「スポーツで医者いらず」実践

高屋ソフトテニスクラブ 楽しむ姿勢大切に


▲高屋ソフトテニスクラブのメンバー

 平均年齢は70・8歳、メンバー全員が60歳以上という高屋ソフトテニスクラブ(曽根信也代表)。ラケットを握り、軽やかなフットワークでボールを追う姿は若々しく、年齢を感じさせない。まさに「スポーツで医者いらず」を実践している、元気いっぱいのシニアたちだ。

 同クラブは20年前に発足。メンバーは14人で、市内外から週に3日、高屋町内のテニスコートに集まり、午前8時から約3時間、汗を流す。「楽しく、元気で、健康に」をモットーに、和気あいあいとソフトテニスを楽しんでいる。


▲最高齢者は83歳の西川恵三さん。定年退職後の60歳を過ぎてからソフトテニスを始めた。「ソフトテニスは心理戦の部分もあり、何歳になっても楽しめるスポーツ。足腰はまだまだ大丈夫。ソフトテニスのおかげで病気一つしない」と白い歯をこぼす。

 最高齢者は83歳の西川恵三さん。定年退職後の60歳を過ぎてからソフトテニスを始めた。元中学校校長の平田剛さん(77)は三次市三和町から駆け付ける。教職を退いてから、ラケットを握った。教員のときから野球に親しんできたスポーツマンとあって、ソフトテニスの腕もぐんぐん上達した。「青空の下で目いっぱい体を動かす。こんなに健康に良いスポーツはない」。すっかりソフトテニスの魅力にはまっている。

 同クラブには暗黙の決まりごとがある。2人一組でペアを組み試合形式のミニゲームが活動の中心だが、勝敗にはこだわらないことだ。「どんまい」「次に挽回しよう」。ミスをしても笑顔が絶えることはない。心からスポーツを楽しむ姿が印象的だ。

 入会して1年という元中学校校長の縄手洋幸さん(71)は、クラブの仲間と過ごす時間が老後の楽しさを倍増させている、という。「皆さん、最高の仲間たち。ソフトテニスで100歳まで健康に過ごしたい」と満面の笑みで話す。

 メンバーのうち4人が女性。男性と一緒にプレーできるのも、ソフトテニスの醍醐味(だいごみ)だ。女性メンバーの佐野武子さん(76)はソフトテニス経験者。定年退職を機に再開した。「ミスをしてもペアを組む男性メンバーがカバーしてくれるので、思い切りプレーできる。60代のころよりも体力がついたかな」と目を細める。

 会長の曽根さん(64)は学生時代からソフトテニスに打ち込んできた。同クラブへは7年前に入会。曽根さんは「競技スポーツとは違う楽しさをクラブで見つけた。ソフトテニスは生涯スポーツ。これからも楽しむことを第一に活動していきたい」と話している。

(日川)


最新ニュース

「街が華やいだよう」生け花3000本酒蔵彩る ―酒造8社と花屋7店が協力

新型コロナ 東広島の労働環境は…B 市・商議所の支援と企業の動き

東広島市議会 6月定例会総括 条例制定 長期間欠席議員の報酬減額

「地域文化の交流拠点に」 新市立美術館 市民向けに内覧会

「高配当」語る詐欺未然に防ぐ 東広島署 郵便局員に感謝状

手を触れずペダル踏んで消毒 三ツ和工業 板金加工技術生かす

訃報 冨吉邦彦氏

アゲハチョウ飼育キット 市内全小学校にプレゼント

文科省の読書活動優秀実践校に 磯松中 学校図書館の活用法工夫

「まちなか商店」期間限定オープン エプロンや洋服など販売

本格広島つけ麺「麺屋COO」 五エ門2階にオープン

「西条中央公園」リニューアル 新美術館に併設 地域の交流スポットに

バス交通結節点を整備 広島大学内2カ所に

新型コロナ 東広島市中小企業等緊急相談窓口の状況

広島アセアン協会のこと メンテックワールド社長 小松節子のハートフルメッセージ


pagetop