ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2020/2/6

地元産食材使い特産品開発 広島県央商工会

「セントルマルシェ」試食会


▲商品を1品1品味わいながらメモを取る参加者

飲食関係者ら21人が評価

 地元産の食材を使った特産品の開発に取り組む広島県央商工会は1月21日、豊栄町乃美の古民家で開発商品の試食会を開いた。おととし11月に続いて2回目。市内外の食品バイヤーや飲食店関係者、県や市の職員など21人が参加して、新たに開発された商品の味や見た目を評価した。


▲試食会で並べられた地元特産品を使った商品

 広島県央商工会(豊栄町、福富町、河内町の事業者で構成)では、地域や特産品を1つのブランドとして発信するために、2017年から年2回「セントルマルシェ」を開催。各事業者が自信を持って提供できる「セントルマルシェ」ブランドの商品開発に力を入れてきた。

 試食会には、市と広島大の共同研究から生まれた地鶏のグリルや、豊栄産の小麦「みなみの風」の全粒粉を使ったパン、ゴボウ専門農家が収穫後1週間以内にお茶にした「ゴボウ茶」、地元農家が生産する白ネギをペースト状に加工したパテなど、18種類の商品が並べられた。参加者は事業者の説明や商品にかける思いなどを聞きながら、1品1品じっくりと味わい、試食会の後には商談会も行われた。

 広島市中区でイタリアンレストランを経営する、山川直紀オーナーは「面白い企画。知らない商品や魅力的な商品がたくさんあった。まずはサンプリングとして使ってみて、価格などと合わせて検討していきたい」と話していた。同商工会副会長でトムミルクファーム沖正文社長は「セントルマルシェは、一般消費者も含めたビジネスフェアという位置付けで取り組んでいて、事業者が新たな試みにチャレンジする場。この事業を通していろいろな芽が出れば」と期待していた。

  (茨木)


最新ニュース

受け皿確保 待機児童がゼロ 寺家に整備 道の駅の名称公募 東広島市

広島大 日本酒「広大」を販売 賀茂泉とタイアップ

広島大 2研究科を新設 「先進理工系科学」「人間社会科学」

4大学学長が市長と懇談 歩調合わせまちづくり推進

「経済産業大臣賞」を2回連続受賞 蓮池うるし工芸

社内用情報システム開発 作業・生産効率向上 株式会社オーエイプロト

西日本豪雨災害の復興支援 トヨタユーゼックが東広島市に寄付

7周年記念でイベントを開催 天ぷら・創作和食 天−てん

東広島市、新型コロナで連絡会 「感染症患者を出さないことを念頭に」

コロナに便乗するこの電話に注意!

技師増員 災害復旧を最優先 東広島市異動 次長級に「統括監」新設

職場ぐるみで健康づくりを 推進事業所にポイント 東広島市

地域に根付くこの企業 創業60年 株式会社キハラ楽器

完全個室でゆったり楽しめる 限定特別コースを用意 肉亭 楽歳

「地域のために役立てて」 3団体に寄付 JA広島中央

ポスターケースを寄贈 新美術館に設置 東広島WLC

新型車両とドローン導入し公開訓練 東広島市消防局 西日本豪雨災害を教訓

東広島市内の企業とマッチング 広島市で面接力UPセミナー

GABAが白米の約5〜10倍 創業者の思い受け継ぐ 株式会社サタケ

1年間かけマシンを設計・製作 毎年「全日本学生フォーミュラ大会」に参戦

コロナ対策 新谷正義衆議院議員に聞く

東広島で 輝く人 今週のキーワードは「前向き」


pagetop