ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2020/1/23

東広島からはばたく

広島大女子サッカー部4年生 齋原みず稀さん(22)


「誰が見てもうまいと思われるストライカーになりたい」と話す齋原さん

「誰が見てもうまいと思える選手に」

なでしこ1部の愛媛に入団

 何度も「挑戦」という言葉を口にした。プレナスなでしこリーグ1部に昇格した愛媛FCレディースに入団が決まり、今春から国内最高峰のリーグのピッチに立つ。「まずは試合に出ること。得点を取るという自分の良さをアピールしていきたい」と目を輝かせる。

 広島市安佐南区出身。小学2年生でサッカーを始め、沼田高時代はアンジュヴィオレ広島に所属。FWとして1年生のとき中国リーグの得点王に輝いた。U―17(17歳以下)の日本代表にも選出され、W杯(ワールドカップ)初優勝に貢献した。

 大学では、学業と両立させながらサッカーに打ち込んだ。大学に在籍しながら、なでしこリーグの試合に出場できる特別指定選手にも選ばれ、2部のリーグのピッチにも立った。昨年は皇后杯の県予選で広島大を初優勝に導いた。


齋原さんの魅力はスピードを生かした突破力だ。「9」が齋原さん

 広島大は部員が少なく、一人一人が貴重な存在。自身の技術の向上と合わせて、率先してチームもまとめてきた。「一人が欠けたらチームが成り立たなくなる。常にチームのことを考えて活動、人間的に成長できた濃い4年間だった」と振り返る。

 171cm、62キロ。武器はどの角度からでもシュートが打てる得点力と、スピードを生かした突破力だ。「1試合1得点を目標」に試合に臨んできた姿勢は、これからも変わらない。

 目標としている選手は海外のクラブで活躍する日本代表FWの久保建英。「挑戦する気持ちを忘れないで、(久保選手のように)誰が見てもうまいと思えるストライカーになりたい」と力を込める。 広島大では初めてとなるなでしこリーグ選手の誕生だ。

編集後記

 サッカーでは積極的な攻撃スタイルを貫くが、サッカーを離れると、少し人見知りをする、どこにでもいる普通の大学生。「かわいく撮ってくださいね」と記者に注文する飾らない無邪気さが、後輩から「さいちゃん」と慕われる要因だろう。

  (日川)


ボディービル世界チャンピオン 河村秀美さん(51)


世界大会の金メダルを持って笑顔の河村さん

強みは大腿四頭筋の美しさ

負けず嫌いの性格が原動力

 強みの大腿(だいたい)四頭筋の美しさと、得意のポーズであるサイドチェストに磨きをかけ、昨年12月7日と8日にスペインであったIFBB世界マスターズボディビル選手権大会のクラシックボディビル50歳以上級でチャンピオンに輝いた。「世界大会に出たのは初めて。今年も出場して連覇を目指したい」と意気込んでいる。

 昨年の8月と9月に行われた、日本クラシックボディビル選手権(愛知県)の180cm以下級と日本マスターズボディビル選手権(福井県)の50歳以上・70キロg超級でそれぞれ優勝したことで、日本代表として初めて世界の大舞台に立った。世界大会の同階級には世界各国から13選手が出場。河村さんは、足の筋肉の美しさと体全体のバランスの良さを高く評価された。


世界大会でフロントダブルバイセップスのポーズをとる河村さん

 大学生の頃シルヴェスター・スタローンに憧れ、2年ほどウエートトレーニングにいそしんだ。37歳で自宅に器具を導入して、ジムに通うように。「どうせやるなら人と競った方が面白い」と、40歳から大会に出場するようになった。2014年からは、東広島ボディビル・フィットネス同好会を立ち上げ、選手の指導を行いながらトレーニングに励んでいる。

 最大の目標は、日本最高峰の日本ボディビル選手権大会で決勝に残ること。「負けず嫌いの性格なので、しんどくても諦めずに挑戦できる。トレーニングを積んで体を作り上げていきたい」と前を見据えている。4月には2度目の世界大会、中国・上海で開催されるIFBBアジアボディビル選手権大会に出場する。

編集後記

 良質なタンパク質を取って、余分な炭水化物を控える減量期間の食事は、ダイエットを考える人や健康寿命を延ばしたい高齢者におすすめだとか。体の見せ方を追求する河村さんの美意識の高さも印象的でした。

(茨木)


最新ニュース

受け皿確保 待機児童がゼロ 寺家に整備 道の駅の名称公募 東広島市

広島大 日本酒「広大」を販売 賀茂泉とタイアップ

広島大 2研究科を新設 「先進理工系科学」「人間社会科学」

4大学学長が市長と懇談 歩調合わせまちづくり推進

「経済産業大臣賞」を2回連続受賞 蓮池うるし工芸

社内用情報システム開発 作業・生産効率向上 株式会社オーエイプロト

西日本豪雨災害の復興支援 トヨタユーゼックが東広島市に寄付

7周年記念でイベントを開催 天ぷら・創作和食 天−てん

東広島市、新型コロナで連絡会 「感染症患者を出さないことを念頭に」

コロナに便乗するこの電話に注意!

技師増員 災害復旧を最優先 東広島市異動 次長級に「統括監」新設

職場ぐるみで健康づくりを 推進事業所にポイント 東広島市

地域に根付くこの企業 創業60年 株式会社キハラ楽器

完全個室でゆったり楽しめる 限定特別コースを用意 肉亭 楽歳

「地域のために役立てて」 3団体に寄付 JA広島中央

ポスターケースを寄贈 新美術館に設置 東広島WLC

新型車両とドローン導入し公開訓練 東広島市消防局 西日本豪雨災害を教訓

東広島市内の企業とマッチング 広島市で面接力UPセミナー

GABAが白米の約5〜10倍 創業者の思い受け継ぐ 株式会社サタケ

1年間かけマシンを設計・製作 毎年「全日本学生フォーミュラ大会」に参戦

コロナ対策 新谷正義衆議院議員に聞く

東広島で 輝く人 今週のキーワードは「前向き」


pagetop