ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2020/1/23

安芸津、海の恵み カキの水揚げ、真っ盛り

安芸津のカキは身がしまって味が濃いけ〜ね!

  • ▲早朝、カキが付いた10mのワイヤーを引き上げる森下水産の森下純二さん。作業場でむき身にし、その日のうちに出荷する。

  • ▲リズミカルにカキの殻をむく打ち子


▲広島のブランドカキ「かき小町」。これからもっと身が太る。かき小町は、水揚げされていない時もあるため、問い合わせをしてから直売所に行くといい。

 冬の味覚、カキが旬を迎え、東広島市安芸津町では水揚げが本格化している。安芸津のカキは、「小ぶりだが、身がしまって、味が濃い」と定評がある。

 同町のカキの生産者は18戸。三津には安芸津漁協の共同作業所があり、9戸がカキ打ちから出荷、直売までを行っている。「かきの小路」として看板を掲げ、特に買い物客の多い年末は活気づく。

 共同作業所ができた昭和41年には25戸が軒を連ねていた。高齢化による担い手不足で、その数が減少。ここ数年は外国人の技能実習生を受け入れながら、カキ漁を守り続けている。

 水揚げは10月〜5月。カキを打つ従業員は「2〜3月が一番おいしいよ」とにっこり。

  • ▲安芸津町の三津湾

  • ▲三津湾にある安芸津漁協の共同作業場。買い物客がカキ打ちを見ることもできる

撮影 井川良成 文 橋本礼子

>>カキの直売所マップ


最新ニュース

子ども用マスク作りに取り組む 高屋西小PTA 親子折り紙教室

新型コロナへの対応を協議 被災者支援のボランティア活動

一般質問で会派を分析 東広島市議会@ 創志会 農業分野に切り込む

介護サポーターを知って 事業説明会・面談会に48人参加

東広島RC 外国人児童生徒を支援 市教委に多国語翻訳機贈呈

広島大学の若手研究者に聞く 選手のパフォーマンスの最適化のため、体温に着目

新型コロナ 東広島市中小企業等緊急相談窓口の状況

消防局が住民4人に感謝状 火災鎮火に貢献、水難事故で人命救助

桃が旬、例年より甘く 阿部農園で収穫真っ盛り

東広島市が表彰制度新設 優良工事施工で業者5社表彰

西條商事 豊栄地区で販売スタート! 移動スーパー「とくし丸」

介護サポートの味方 マッスルスーツ寄贈 メンテックワールド・広銀が八本松病院に

英検が受けられるセンター 寺家駅前にオープン

「食事の際などに活用して」 外したマスクを包んで保管 大洋印刷が商品開発

全室個室のプライベート空間で焼肉を 「大たにや」オープン


pagetop