ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2020/1/16

東広島市と5事業者 新電力会社を設立

公共施設に電力供給


▲合意書に署名し握手する高垣市長(左から3人目)たち電力会社の関係者

 東広島市は、民間の5事業者と共同出資で地域新電力会社「東広島スマートエネルギー株式会社」を設立することになり、このほど事業者と合意書を締結した。今年2月までに会社の設立手続きを終え、今春から事業を始める計画。自治体が出資する電力会社は、県内では福山市に次いで2例目となる。(日川)

 事業に参画するのは、市の他、エネルギア・ソリューション・アンド・サービス、中電技術コンサルタント、広島ガス、賀茂地方森林組合、広島銀行。社長には高垣広徳市長が就任する。市内で調達した再生可能エネルギーを、市の管理する公共施設に売電するのが事業の柱になる。

 計画では、固定価格買取制度(FIT)買取期限後の家庭用太陽光発電の電力を1キロワット当たり9円で買い取り、市の施設に電力を供給。新ごみ処理施設が稼働する2021年秋以降は、同施設から発電する電力も購入する。5年後には、公共施設の電力使用量の約4分の1に当たる750万キロワットを、同社の電力供給で賄う。

 また、電力事業以外にも公共施設に省エネルギー設備を導入して光熱水費の経費削減を行い、削減実績から対価を得るESCO(エスコ)事業も手掛けていく。同社で得た利益は地域振興事業に役立てる。

 東広島市では、環境をキーワードにした持続可能な社会の構築を目指し、2015年に「市環境先進都市ビジョン」を策定。同ビジョンの推進を加速させていくため、今回、新電力会社を設立した。


最新ニュース

受け皿確保 待機児童がゼロ 寺家に整備 道の駅の名称公募 東広島市

広島大 日本酒「広大」を販売 賀茂泉とタイアップ

広島大 2研究科を新設 「先進理工系科学」「人間社会科学」

4大学学長が市長と懇談 歩調合わせまちづくり推進

「経済産業大臣賞」を2回連続受賞 蓮池うるし工芸

社内用情報システム開発 作業・生産効率向上 株式会社オーエイプロト

西日本豪雨災害の復興支援 トヨタユーゼックが東広島市に寄付

7周年記念でイベントを開催 天ぷら・創作和食 天−てん

東広島市、新型コロナで連絡会 「感染症患者を出さないことを念頭に」

コロナに便乗するこの電話に注意!

技師増員 災害復旧を最優先 東広島市異動 次長級に「統括監」新設

職場ぐるみで健康づくりを 推進事業所にポイント 東広島市

地域に根付くこの企業 創業60年 株式会社キハラ楽器

完全個室でゆったり楽しめる 限定特別コースを用意 肉亭 楽歳

「地域のために役立てて」 3団体に寄付 JA広島中央

ポスターケースを寄贈 新美術館に設置 東広島WLC

新型車両とドローン導入し公開訓練 東広島市消防局 西日本豪雨災害を教訓

東広島市内の企業とマッチング 広島市で面接力UPセミナー

GABAが白米の約5〜10倍 創業者の思い受け継ぐ 株式会社サタケ

1年間かけマシンを設計・製作 毎年「全日本学生フォーミュラ大会」に参戦

コロナ対策 新谷正義衆議院議員に聞く

東広島で 輝く人 今週のキーワードは「前向き」


pagetop