ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2019/12/12

研究者たちに出会いの場を 

広島大で「東広島100人論文」

 広島大学と東広島市産学金官連携推進協議会は11月18日から22日まで、異なる分野の研究者同士や、研究者と企業との出会いを創出するプロジェクト「東広島100人論文」を、同大東広島キャンパスの中央図書館ライブラリーホールで開いた。

 2015年に京都大学でスタートした「京大100人論文」をモデルにしたもの。新たな共同研究のきっかけづくりやニーズとシーズのマッチングなどを目的に企画された。6月にあった「広大100人論文」に続き2回目の開催。

 大学教員や院生らが、自身の研究を専門外の人にも分かりやすく紹介したポスターを、名前、性別、所属先、役職などを非公開にして掲示。ポスター閲覧者が、付箋や専用サイト上にアドバイスや質問などを、ざっくばらんに書き込んで応じた。

 掲示されたポスターは計72件。「有害・有毒なプランクトンのモニタリングと生態を調べている」「実証研究を専門とする研究者と一緒に何ができるか探りたい」「ふに落ちる≠ニいう現象、日本人特有の表現に文化差があるのか」などさまざまなテーマが並んだ。閲覧者からは「興味があります」「広島市にある会社ならできるかも」「話を伺いたい」などのコメントが寄せられた。掲示期間終了後は、プロジェクト参加者だけがアクセスできる専用サイト上で、連絡先を交換するなどして交流を深めていく。

 広島大学の担当者は「6月のプロジェクトでは、新たな共同研究に結びついたケースや他大学の研究者と連絡を取り合ったケースも見られた。出会いの場にとどまらず、マッチングした人をサポートできる取り組みとして、より発展させていきたい」と話していた。

「東広島100人論文」企画の流れ

第1段階 ポスター掲示者は事前にオンライン登録

 ポスター掲示希望者は、「私の研究はこんな感じです」「こんなコラボができたらうれしい」「私、こんなことができます」の3つの設問に答え、オンライン登録。

第2段階 会場にポスター掲示、コメントで交流

 登録時に記入した3つの設問に対する回答が、ポスターとなって会場に掲示。閲覧した人は付箋紙を使って、自由にコメントを貼ることができる。ポスター掲示者もコメントが可能。

第3段階 掲示期間終了後、WEB上でも交流

 掲示期間終了後、ポスター掲示者とコメント参加者が、WEB上で自由に交流。会場で寄せられたコメントの閲覧、コメント追加や連絡先の交換もできる。

第4段階 マッチングを推進

 広島大学学術・社会連携室をはじめ、関係機関の産学部門とも連携し、マッチングを推進。自身の研究への気づきを得る機会にもつながる。

  (茨木)


最新ニュース

酒まつり、ウェブで開催 全国、世界に日本酒アピール

「SDGs未来都市」に選定 東広島市が県内市町で初

市民寄付マスクを東広島市へ 市内の36の郵便局が1800枚引き渡し

食品ロス削減の標語募集

桂文珍独演会 今年は中止に 新型コロナ感染拡大防止で

大谷市議が死去

黒瀬町で買い物をしよう 10%プレミアム付き商品券販売 黒瀬商工会

顧客飽きさせない工夫を 旬の食材で味に変化 広島エアポートホテル 荒川慎一郎料理長

風鈴が紡ぐ「平和の音」 折り鶴風鈴商品化 かわさきプロテクト

1周年迎え特別料金で施術 東広島すずらん接骨院

新型コロナ 東広島市中小企業等緊急相談窓口の状況

尾道市の野良猫の生息状況を調査 「人の手の介入、猫との共生には大切」

宇山で崖崩れ2人が死亡 市長 避難勧告発令の遅れを謝罪

電子マネーカードを悪用 特殊詐欺被害を阻止 セブンイレブン東広島造賀店

地域の防犯活動に尽力 東広島署・市防犯連合会 2団体と15人を表彰

豪雨被災の農地 東広島市が復旧工事や助成 7月31日までに連絡

今年はオンラインで開催 ひがしひろしま環境フェア

夏季限定「あんずもみじ」発売 にしき堂

古民家改装 くつろぎの空間 総菜の持ち帰りが人気 憩いのカフェ「hanza」

7月23日、ホテルヴァンコーネル1階にオープン 高級食パン専門店 瀬都 西条店


pagetop