ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2019/12/12

研究者たちに出会いの場を 

広島大で「東広島100人論文」

 広島大学と東広島市産学金官連携推進協議会は11月18日から22日まで、異なる分野の研究者同士や、研究者と企業との出会いを創出するプロジェクト「東広島100人論文」を、同大東広島キャンパスの中央図書館ライブラリーホールで開いた。

 2015年に京都大学でスタートした「京大100人論文」をモデルにしたもの。新たな共同研究のきっかけづくりやニーズとシーズのマッチングなどを目的に企画された。6月にあった「広大100人論文」に続き2回目の開催。

 大学教員や院生らが、自身の研究を専門外の人にも分かりやすく紹介したポスターを、名前、性別、所属先、役職などを非公開にして掲示。ポスター閲覧者が、付箋や専用サイト上にアドバイスや質問などを、ざっくばらんに書き込んで応じた。

 掲示されたポスターは計72件。「有害・有毒なプランクトンのモニタリングと生態を調べている」「実証研究を専門とする研究者と一緒に何ができるか探りたい」「ふに落ちる≠ニいう現象、日本人特有の表現に文化差があるのか」などさまざまなテーマが並んだ。閲覧者からは「興味があります」「広島市にある会社ならできるかも」「話を伺いたい」などのコメントが寄せられた。掲示期間終了後は、プロジェクト参加者だけがアクセスできる専用サイト上で、連絡先を交換するなどして交流を深めていく。

 広島大学の担当者は「6月のプロジェクトでは、新たな共同研究に結びついたケースや他大学の研究者と連絡を取り合ったケースも見られた。出会いの場にとどまらず、マッチングした人をサポートできる取り組みとして、より発展させていきたい」と話していた。

「東広島100人論文」企画の流れ

第1段階 ポスター掲示者は事前にオンライン登録

 ポスター掲示希望者は、「私の研究はこんな感じです」「こんなコラボができたらうれしい」「私、こんなことができます」の3つの設問に答え、オンライン登録。

第2段階 会場にポスター掲示、コメントで交流

 登録時に記入した3つの設問に対する回答が、ポスターとなって会場に掲示。閲覧した人は付箋紙を使って、自由にコメントを貼ることができる。ポスター掲示者もコメントが可能。

第3段階 掲示期間終了後、WEB上でも交流

 掲示期間終了後、ポスター掲示者とコメント参加者が、WEB上で自由に交流。会場で寄せられたコメントの閲覧、コメント追加や連絡先の交換もできる。

第4段階 マッチングを推進

 広島大学学術・社会連携室をはじめ、関係機関の産学部門とも連携し、マッチングを推進。自身の研究への気づきを得る機会にもつながる。

  (茨木)


最新ニュース

子ども用マスク作りに取り組む 高屋西小PTA 親子折り紙教室

新型コロナへの対応を協議 被災者支援のボランティア活動

一般質問で会派を分析 東広島市議会@ 創志会 農業分野に切り込む

介護サポーターを知って 事業説明会・面談会に48人参加

東広島RC 外国人児童生徒を支援 市教委に多国語翻訳機贈呈

広島大学の若手研究者に聞く 選手のパフォーマンスの最適化のため、体温に着目

新型コロナ 東広島市中小企業等緊急相談窓口の状況

消防局が住民4人に感謝状 火災鎮火に貢献、水難事故で人命救助

桃が旬、例年より甘く 阿部農園で収穫真っ盛り

東広島市が表彰制度新設 優良工事施工で業者5社表彰

西條商事 豊栄地区で販売スタート! 移動スーパー「とくし丸」

介護サポートの味方 マッスルスーツ寄贈 メンテックワールド・広銀が八本松病院に

英検が受けられるセンター 寺家駅前にオープン

「食事の際などに活用して」 外したマスクを包んで保管 大洋印刷が商品開発

全室個室のプライベート空間で焼肉を 「大たにや」オープン


pagetop