ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2019/11/28

「瀬戸田レモン知ってもらおう」 大学生の発想で魅力PR

広島大学 地域の元気応援プロジェクト


▲企画案を発表する学生


▲学生が試作したレモングッズ。意見を基に改良を進める

 広島大学教育学部人間生活系コースなどで学ぶ1年生23人が、大学生ならではの発想で、レモン生産量日本一を誇る尾道市瀬戸田町生口島の瀬戸田レモンをPRするプロジェクトを10月にスタートさせた。大学が持つ知見を地域づくりに活用する「広島大学地域の元気応援プロジェクト」の一環。

 農薬やワックスを使わない瀬戸田レモンを知らない人は多く、「瀬戸田レモンの魅力を市内外に発信したい」という地元住民の要望に、学生が応えた。学生は、大学の教職員や尾道観光協会らと協力し、来年3月22日に瀬戸田町で開催される「第4回せとだレモン祭」に向け、イベントの企画やレモングッズの開発、SNSを活用した情報発信に取り組んでいく。

 11月13日には広島大学で、企画案の発表会があった。学生たちは、教員と観光協会員を 前に、島の平坦な地形を生かしたサイクリングスタンプラリーの提案や、レモン祭で販売するオリジナルのレモン料理などを紹介した。

 プロジェクトメンバーの野村菜々子さん(19)は「自分たちで考えたことが、どう反映されるかわくわくしている。企画が通って祭りが成功するように、町と連携していきたい」と意気込む。観光協会の見永洋一事業課長は「学生の熱意に驚いている。違った感覚で物事を捉える若い力を取り入れることで、祭りを発展させていきたい」と話している。

 (茨木)


最新ニュース

小学校に図書3745冊寄贈 嘉登屋記念事業団

「自分を信じることが大切」 賀茂高で講演 元サッカー五輪選手森崎浩司さん

森との関わり方を考える 河内町でパネルディスカッション 大道山竹炭工房

東広島TFC 県大会で3年連続アベックV

安芸津マル赤馬鈴しょをPR 協議会が発足 安定生産や販売促進に取り組む

東広島商工会議所青年部だより 東広島商工会議所青年部 創立30周年記念事業

広島大学 輝く学生 ガンフヤグ・エルデネソロンゴさん(モンゴル出身)

食品ロスをなくそう! 余っている食品を福祉施設に寄贈

功績・功労をたたえる 秋の叙勲受章者発表

暴力のない市へ、決意新た 市暴力監視追放協 40周年で記念大会

姉妹縁組の韓国光州RCを訪問 地元陶芸家・木村さんの作品を贈る

中国での技術提携を拡大 サタケ 江蘚省・四川省の農業科学院と契約

東広島マツダ会が講演会 車づくりへの思いテーマ エンジニアの佐賀さん招く

マクドナルドが新注文システム導入 スマホで注文→決済

宿泊客満足度調査で1位 ロイヤルパークホテルズ

「瀬戸田レモン知ってもらおう」 大学生の発想で魅力PR

東広島の起業拠点に 「ミライノ+」が開設

生涯学習フェスに8800人 体験やステージ楽しむ

台風19号被災地で支援活動 市社協の職員6人

歌うことは健康の元 デイサービス利用者と合唱 西品寺合唱団「真養」

「海外にある日本庭園を紹介」 造園家の小林ц黷ウんが講演

地域でのデジタル革命テーマ 討論会に高垣市長が登壇

前垣氏庭園「寿延庭」を一般公開 日本庭園の趣に触れる

体験ブースに長蛇の列 東広島市消防局 消防・防災フェアに6500人

福祉考え絆深める 東広島健康福祉まつり

つくり手、つかい手連携し食品開発 試食モニター会で意見交換

安心して現場復帰を 子育てママのナースカフェ

市長と語ろう! 気軽におしゃべり 【テーマ】新しい価値を生む仕事


pagetop