ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2019/11/21

市長と語ろう! 気軽におしゃべり
【テーマ】新しい価値を生む仕事

中岡さん「全力で好きなことを! それが地域活性につながる」
高垣市長「価値を生み出し、起業に結びつける力を子どもたちにも」


高垣広徳市長

 東広島市の高垣広徳市長と市民が気軽にトーク。今回は、アンティーク家具店「リ・カムアクロス」の中岡政文さんと「新しい価値を生む仕事」について、FM東広島の番組でおしゃべり。その一部を紙面で紹介。

 ―若いころに東京でパンクバンド活動をしていたという中岡さんですが、現在は豊栄でアンティーク家具店を経営されています。

中岡 昔から古着やアンティーク家具が好きで、廿日市市のアンティークショップで店長として3年間勤め、その後、独立。家具の買い取りなどを行っていました。今の豊栄の店舗は元診療所なのですが、13年前に医院長さんから閉院するので、家具を買い取ってもらえないか、という連絡をいただきました。建物も家具も、周辺の環境もとても素晴らしかったので、建物ごと買わせていただき、店舗として活用しています。

高垣 家具だけではなく建物丸ごと買い取ってしまう、という行動力と先を見据えたビジネスセンスに驚きました。

 ―豊栄地域の活性化について、意識していますか。

▲左から高垣市長、中岡さん

中岡 自分たちが好きなことを全力でして、それに共感する方々に町内外から来ていただく。それが町の活性化につながるといいな、と思って事業展開しています。

高垣 豊栄は自然が豊か で、さまざまな体験ができます。今は体験型観光が主流になっており、豊栄にはそのフィールドがそろっています。「豊栄が好きだから行く」という関係人口≠、中岡さんは増やしていると思いますね。

 ―市が開催した子ども向けの起業セミナーに、中岡さんが関わったと聞きました。

中岡 店の敷地を会場に一泊二日のキャンプを行いました。私は小学5〜6年生に、自分がしたいことは何か、それに向けてどうするか、という話をしました。

高垣 起業家をどう育てるか、それは市の産業政策のテーマです。中岡さんから「きれいなものだけではなく、ボロボロに見えるものでも価値を生み出していける」という話を聞いた子どもたちに、新しい価値観が生まれたようです。


話の続きはFM東広島(89.7MHz)で放送
日時/11月22日(金)12時25分〜


最新ニュース

子ども用マスク作りに取り組む 高屋西小PTA 親子折り紙教室

新型コロナへの対応を協議 被災者支援のボランティア活動

一般質問で会派を分析 東広島市議会@ 創志会 農業分野に切り込む

介護サポーターを知って 事業説明会・面談会に48人参加

東広島RC 外国人児童生徒を支援 市教委に多国語翻訳機贈呈

広島大学の若手研究者に聞く 選手のパフォーマンスの最適化のため、体温に着目

新型コロナ 東広島市中小企業等緊急相談窓口の状況

消防局が住民4人に感謝状 火災鎮火に貢献、水難事故で人命救助

桃が旬、例年より甘く 阿部農園で収穫真っ盛り

東広島市が表彰制度新設 優良工事施工で業者5社表彰

西條商事 豊栄地区で販売スタート! 移動スーパー「とくし丸」

介護サポートの味方 マッスルスーツ寄贈 メンテックワールド・広銀が八本松病院に

英検が受けられるセンター 寺家駅前にオープン

「食事の際などに活用して」 外したマスクを包んで保管 大洋印刷が商品開発

全室個室のプライベート空間で焼肉を 「大たにや」オープン


pagetop