ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2019/11/14

ブランド地鶏の開発進む 

飲食店対象に試験販売開始


▲地鶏の味などの感想を話し合う参加者

 東広島市と広島大が共同で進めるブランド地鶏の開発事業が2年目を迎え、量産化に向けた試験飼育が本格化している。

 地鶏は、広島大が造成した新品種を種鶏に、生産性の高い外来種を掛け合わせたもの。現在、河内町、豊栄町、西条町などで6生産者が約900羽を飼育する。今年5月には生産者組合が発足。飼料に加える酒かすの量や目標体重などを生産者間で統一できるように、と飼育マニュアルが導入された。

 マニュアルを基本に飼育された地鶏が成熟期を迎えたことから10月31日、憩いの料亭白竜湖(東広島市西条岡町)で試食会が開かれ、県内の飲食店関係者ら約80人が参加。地鶏の試験販売も開始された。

 試食会では、白竜湖の太田尚満総料理長が、ささみの昆布締めやもも肉の焼き物、水炊きなど7品を準備。試食会の前に、広島大の都築政起教授と竹之内惇研究員が地鶏の成分分析の結果を参加者に報告した。

 分析によると地鶏には、上質な肉質といわれる黒毛和牛やイベリコ豚と同等の不飽和脂肪酸が含まれ、口どけを滑らかにするリノール酸が豊富だった。また、脳の活性化や運動機能をあげるカルノシン、痛風予防になるアンセリンも多く含まれていることが分かった。

 同組合は2021年の本格販売を前に、飲食店などを対象に1羽5000円(税・送料込み)での試験販売を開始。各店舗で商品として提供しながら、市場の評価を集めていく。

 (茨木)


最新ニュース

「東広島ブランド」の商品開発進む 試食モニター会 市民60人がモニターで助言

清掃活動が500回目 ボランティア団体「夢拾い」

高校生創作料理コンテストで準優勝 西条農高畜産科の3人

広島大の大学院生2人 青年海外協力隊でザンビアに

武士の居宅「土居屋敷跡」 東広島市出土文化財管理センターで企画展

地域住民の力作500点展示 地元出身の伝統工芸士も出品 河内町で文化展

研究者たちに出会いの場を 広島大で「東広島100人論文」

豊栄町 有害獣処理加工施設が完成 イノシシ、シカの食肉活用拠点

東広島 市内18施設がブース 福祉の職場求人説明会

専門知識を持つコンサルジュが宅購入をサポート マイホームの窓口東広島店

小学校に図書3745冊寄贈 嘉登屋記念事業団

「自分を信じることが大切」 賀茂高で講演 元サッカー五輪選手森崎浩司さん

森との関わり方を考える 河内町でパネルディスカッション 大道山竹炭工房

東広島TFC 県大会で3年連続アベックV

安芸津マル赤馬鈴しょをPR 協議会が発足 安定生産や販売促進に取り組む

東広島商工会議所青年部だより 東広島商工会議所青年部 創立30周年記念事業

広島大学 輝く学生 ガンフヤグ・エルデネソロンゴさん(モンゴル出身)

食品ロスをなくそう! 余っている食品を福祉施設に寄贈

功績・功労をたたえる 秋の叙勲受章者発表

暴力のない市へ、決意新た 市暴力監視追放協 40周年で記念大会

姉妹縁組の韓国光州RCを訪問 地元陶芸家・木村さんの作品を贈る

中国での技術提携を拡大 サタケ 江蘚省・四川省の農業科学院と契約

東広島マツダ会が講演会 車づくりへの思いテーマ エンジニアの佐賀さん招く

マクドナルドが新注文システム導入 スマホで注文→決済

宿泊客満足度調査で1位 ロイヤルパークホテルズ

「瀬戸田レモン知ってもらおう」 大学生の発想で魅力PR


pagetop