ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2019/11/14

ブランド地鶏の開発進む 

飲食店対象に試験販売開始


▲地鶏の味などの感想を話し合う参加者

 東広島市と広島大が共同で進めるブランド地鶏の開発事業が2年目を迎え、量産化に向けた試験飼育が本格化している。

 地鶏は、広島大が造成した新品種を種鶏に、生産性の高い外来種を掛け合わせたもの。現在、河内町、豊栄町、西条町などで6生産者が約900羽を飼育する。今年5月には生産者組合が発足。飼料に加える酒かすの量や目標体重などを生産者間で統一できるように、と飼育マニュアルが導入された。

 マニュアルを基本に飼育された地鶏が成熟期を迎えたことから10月31日、憩いの料亭白竜湖(東広島市西条岡町)で試食会が開かれ、県内の飲食店関係者ら約80人が参加。地鶏の試験販売も開始された。

 試食会では、白竜湖の太田尚満総料理長が、ささみの昆布締めやもも肉の焼き物、水炊きなど7品を準備。試食会の前に、広島大の都築政起教授と竹之内惇研究員が地鶏の成分分析の結果を参加者に報告した。

 分析によると地鶏には、上質な肉質といわれる黒毛和牛やイベリコ豚と同等の不飽和脂肪酸が含まれ、口どけを滑らかにするリノール酸が豊富だった。また、脳の活性化や運動機能をあげるカルノシン、痛風予防になるアンセリンも多く含まれていることが分かった。

 同組合は2021年の本格販売を前に、飲食店などを対象に1羽5000円(税・送料込み)での試験販売を開始。各店舗で商品として提供しながら、市場の評価を集めていく。

 (茨木)


最新ニュース

尾道市の野良猫の生息状況を調査 「人の手の介入、猫との共生には大切」

宇山で崖崩れ2人が死亡 市長 避難勧告発令の遅れを謝罪

電子マネーカードを悪用 特殊詐欺被害を阻止 セブンイレブン東広島造賀店

地域の防犯活動に尽力 東広島署・市防犯連合会 2団体と15人を表彰

豪雨被災の農地 東広島市が復旧工事や助成 7月31日までに連絡

今年はオンラインで開催 ひがしひろしま環境フェア

夏季限定「あんずもみじ」発売 にしき堂

古民家改装 くつろぎの空間 総菜の持ち帰りが人気 憩いのカフェ「hanza」

7月23日、ホテルヴァンコーネル1階にオープン 高級食パン専門店 瀬都 西条店

新型コロナ 東広島市中小企業等緊急相談窓口の状況

復旧・復興 一歩一歩確実に 西日本豪雨から2年 東広島市で追悼式

豪雨災害から2年 東広島市 復旧の進行状況公表 7項目で達成率100%

東広島市 大学と共同研究 10件のテーマを採択

コロナ禍を好機に地元産トマトを使用、ソース開発 大浦鮮魚店

「子どもが五感に触れる環境を」 安芸津町の地域おこし協力隊に清水さん

まほろばの里 鍼灸整骨院 移転オープン

市にハンドソープ寄付 イワタニ山陽

4周年感謝祭 限定商品を特別価格で アイクレール八本松店


pagetop