ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2019/11/7

申請期限は11月29日 

プレミアム付商品券の販売始まる 東広島市

 東広島市では、消費税率が10%に引き上げられたのに合わせ、住民税非課税者や子育て世帯向けに「プレミアム付商品券」の販売を行っている。しかし、非課税者は事前の申請が必要なことから、市内の対象者約2万3000世帯3万1000人のうち、申請があったのは26・5%(10月18日時点)にとどまっている。

 プレミアム付商品券は、家計の負担緩和や地域の消費を下支えすることが目的で、対象者は1人当たり最大2万5000円分の商品券を2万円で購入することができる。25%のプレミアム(おまけ)が付いた商品券だ。

 購入できるのは、2019年度分の住民税非課税者と、2016年4月2日〜19年9月30日に生まれた子どもがいる世帯の世帯主。子育て世帯は申請が不要で、子どもの生まれた時期によって順次、住民票記載の住所に引換券が送付されている。非課税者は、7月末ころに自宅に送付された申請書に必要事項を記入して提出。申請に基づいた審査の後、申請書に記載の住所に引換券が送付される。申請期間は11月29日まで。

 引換券が自宅に届いた対象者は、各地域の郵便局やフジグラン東広島、ゆめタウン東広島など市内40カ所の窓口で商品券を購入できる。1度で限度額の2万5000円分(購入金額2万円)の購入が可能で、5000円(購入金額4000円)単位で5回に分けて購入することもできる。市内583店舗(10月22日時点)で使うことができる。販売期間は、来年2月29日まで。使用期間は来年3月31日まで。

 市の担当者は「食品や日用品をはじめ、ガソリンや家電製品、クリーニングやタクシーなどにも使えるので、ぜひ期間中に申請を。申請書を捨ててしまった人や不明な点があれば気軽に問い合わせてほしい」と話している。

>>東広島市のプレミアム商品券の詳細

   (茨木)


最新ニュース

ブランド地鶏の開発進む 飲食店対象に試験販売開始

新美術館が来年11月開館 建物は今月末完成 東広島市

JICA中国で排水技術学ぶ 高垣市長に研修終了を報告

住民自治協と地域防犯活動の連携 防犯ボランティア交流会

大和ミュージアム 来館者数1400万人超える

地域の人や自然と触れ合う 吉川小児童

高齢者ドライバー対象に交通安全教室 東広島市が賀茂自動車学校で

開祖生誕100周年で演武会 門下生300人参加 錬心舘広島地区本部

県警と大創産業が覚書締結 反射材用品の普及啓発に

悪質商法 困りごとがあれば相談を JR西条駅で啓発活動

児童図書238冊を寄付 広島建設青年交流会ら4団体

新谷正義衆院議員の後援会が始動 会長に山崎正数氏

篠笛演奏でお年寄りと交流 高美が丘中の3年生

東広島商工会議所青年部だより 「酒まつり」

木原和由会頭を再任 東広島商工会議所 新副会頭に石井裕一郎氏

ファミリーデイで2000人が工場見学 マイクロンメモリジャパン広島工場

志和・福富地区で買い物困難者支援 移動スーパー「とくし丸」

今夏、北海道北広島市を訪問 子ども大使が高垣市長に活動報告

6年生が校内のトイレ掃除 川上小で掃除に学ぶ会

申請期限は11月29日 プレミアム付商品券の販売始まる 東広島市

谷岡投手が育成2位指名 プロ野球ドラフトオリックスから 指名は武田高では初

世界の選ばれたダンサーが集うジェネ国際コンクールに出場 賀茂高の末田美侑さん

安心して暮らせる地域づくりで連携 東広島市と生協ひろしま

志和で創設された神機隊 西蓮寺で歴史講演会

東広島市社協に事務用機器を寄付 東広島ロータリークラブ


pagetop