ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2019/11/7

新谷正義衆院議員の後援会が始動 

会長に山崎正数氏


▲新谷議員(右)と握手をする山崎氏

 新谷正義衆院議員が当選して2年、新谷後援会長が西条心療クリニック名誉院長の山崎正数氏に決まった。「やっと」と言うべきか、「待ってました」と言うべきか。いろいろ取材してみると…。(日川)

 新谷代議士は、前回の衆院選で空席となった自民党県連第4区支部で自民党本部、県連の要請に加え、官邸サイドのたっての頼みで、比例区から選挙区へくら替え、出馬の意向を固めた。それは衆院選公示までわずか10日前だった。

 選挙の結果は6万4911票を獲得し、堂々の当選。認知度もなく、母方の出身地というだけの4区でのこの結果は、驚きと保守の圧倒的な強さを見せた。しかし、この結果は新谷代議士に大きな期待と要望を突き付けた。

 一般的に、比例区と選挙区では同じ代議士でも全てが違う。秘書の活動、事務所体制、代議士のスケジュールなどだが、案の定、「代議士に会ったことがない」とか「何をしているのか」などの有権者の声が上がった。それに応じる間もなく、西日本豪雨災害、参議院選挙、厚生労働政務官就任と、政務と党務と災害対策に奔走せねばならず、これまでは支持者の声に応じられなかった面もある。

 かつての中選挙区時代には、日本一の激選区といわれ、代議士は激戦を勝ち抜くために支持者の声に応えていた。そのことを知る4区支部の支持者からみれば不満だと思う人もいるだろうが…。

 そのジレンマを解消する一つが後援会長に山崎氏が就いたことだろう。山崎会長は「これまでの学識を生かして国民の安心安全の基盤である医療と福祉の一層の充実に活躍してもらいたい」と話す。支持者と新谷代議士の橋渡し役として期待がかかる。

 医者と病院理事長職を捨て、同じ先生≠ニ呼ばれても全く意味の違う先生≠ニなり、選挙の猛者や好奇の目で見る有権者の中に一人飛び込んだ新谷代議士。これからが『真の評価』が生まれる時となるだろう。


山崎正数さんの経歴 1950年生まれ。医師。広島大学病院などで勤務。山崎神経科内科の医院長、東広島地区医師会の会長などを歴任。現在、西条心療クリニックの名誉院長。


>>新谷代議士の活動を詳しく知りたい!


最新ニュース

100円カレンダーで社会貢献 ケナフの会がチャリティーイベント

救急医療の適正利用を呼び掛け 東広島市が街頭キャンペーン

餅つきや書き初め体験 外国人350人が日本の正月に触れる

地元企業の経営を後押し プレイベントで事例学ぶ 新ビジネス拠点「ハイビズ」

園児が描く「ゆめの家」 ショールーム内で絵画展 大和ハウス工業広島東支店

秋の叙勲 喜びの声 低次元伝導体の物理学を研究 挑戦精神で人生歩む

東広島市と5事業者 新電力会社を設立 公共施設に電力供給

NPO法人「きずな」に物置を寄贈 自動車総連広島地方協議会

広島大学 新たな学生活動拠点オープン オタフクソースが鉄板を寄贈

復旧復興の加速化へ向けて高垣市長と地域住民が意見交換

ホームページに本棚機能追加 東広島市立図書館がHPリニューアル

アルミ缶回収で優秀賞 原小がアルミ缶リサイクル協会から

新年互礼会で決意新た 竹原・東広島商議所

新美術館 11月3日に開館 開館記念し2回の特別企画展

本会議欠席 大谷市議に戒告 東広島市議会

11日に新春駅伝 一部で車両通行禁止

東広島マツダ会がクリスマスプレゼント

市長と語ろう! 気軽におしゃべり 【テーマ】スポーツと地域貢献

障害者の「働きたい」をサポート 「あおぞらぱん屋さん」2店舗目開店

陸上教習のノウハウ生かす ドローンスクール開校 賀茂自動車学校

秋の叙勲 喜びの声 瑞宝双光章 元東広島市消防団長 中務和昭さん

武田高からオリックスへ 谷岡楓太さん「200勝目標に息の長い投手に」

なでしこリーグ愛媛に入団 広島大学女子サッカー部 齋原みず稀さん

全国ジュニア・ラグビーフットボール大会に出場 戸田新さん 県代表に選出

高齢者宅の電気設備を点検 中国電力東広島営業所

救急相談ダイヤル#7119 「今すぐ受診か迷う…」 夜間・休日は積極的に活用を

初日の出は龍王山で 恒例の初登頂に向け準備 東広島商議所青年部

新酒・干支ラベル 大学生がデザイン 西條鶴醸造

広島大学の若手研究者に聞く 大学院統合生命科学科学研究科研究員 竹之内惇さん

日本の20世紀遺産選定 「西条の酒造施設群」銘板でPR 西条RCが寄贈

秋の叙勲 喜びの声 瑞宝単光章 元東広島市消防団副団長 土居則行さん


pagetop