ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2019/10/24

谷岡投手が育成2位指名 

プロ野球ドラフトオリックスから 指名は武田高では初


▲指名後、記者会見に臨む谷岡投手

 10月17日にあったプロ野球ドラフト会議で、武田高硬式野球部(東広島市黒瀬町)3年生の谷岡楓太投手(175cm、82キロ)が、オリックスから育成ドラフト2位指名を受けた。プロ球団からの指名は武田高として初めて。(日川)

 東広島市の高校出身選手が指名されるのは、賀茂高から駒大、日本生命を経てオリックスに入団した海田智行投手以来8年ぶりだ。

 谷岡投手は広島市出身で高校に進んで伸びた選手。高校に入学した当初は、球速(直球)で125キロだったが、科学的トレーニングに基づいて体の柔軟性を高めたり、体を大きくしたりする武田独特のトレーニングで球速が増すようになった。2年生の春に140キロ台後半をマークすると、最速152キロを計測するまでに成長した。

 甲子園出場経験こそないが、高いポテンシャルを秘めた本格派右腕としてプロからも注目されるようになった。谷岡投手の、その可能性の高さを見せつけた試合が今年5月にあった東広島市長杯。賀茂高戦で21三振を奪う圧巻の投球を見せた。

 指名後、同校で記者会見した谷岡投手は「指名されたことは正直うれしかった」と喜びながら、「もしプロに行くことになったら、チームを勝ちに導ける投手になりたい」と思いをはせた。

 岡嵜雄介監督は「(谷岡投手の指名は)山あいの普通の進学校の子でも、頑張れば夢がかなうということを全校の生徒に示してくれた。本当にうれしい」と目を細めていた。

>>谷岡投手との一問一答


《育成ドラフト》 プロ野球で、育成を目的に選手を指名できる制度。2005年度から導入された。指名された選手は1、2軍の支配下選手とは別枠の育成選手として登録され、2軍戦のみ出場できる。背番号は3桁で活躍次第では、支配下登録され1軍に昇格できる。育成出身の代表的選手はソフトバンクの千賀滉大投手や甲斐拓也捕手ら。


最新ニュース

「良い親子関係を築いて」 臨床心理士 土居さん オンラインでペアトレ講座

地元飲食店の弁当を販売 のん太応援お弁当・お総菜コーナー設置 ショージ

バスを作ろう! ペーパークラフトの型紙配信 芸陽バス

東広島ブランド地鶏開発担う 「日本鶏の研究価値を高めたい」

食材のうま味 プロが生かす 広島県料理業生活衛生同業組合 藤田寛治さん

配達OK!! グルメデリバリー通信

営業再開 店舗一覧(2020/5/28)

新型コロナ対策 素朴な疑問 【東広島市社会福祉協議会編】

臨時休校 東広島市の保護者の不安 【生活面編】

東広島でも広がる! 子どもの学び、オンラインで応援!

東広島生活応援ナビ 紙面×WEB×ラジオで情報発信!

心身の悩み 相談に応じる 東広島市が高齢者電話相談窓口を開設

東広島市新型コロナ対策 市営住宅を提供 解雇などで退去の市民に

生活困窮者など支援しよう 寄付金を受け付け 東広島市

特別定額給付金の申請受付開始 東広島市 地元の大学生を事務で採用

地域の経営者を全力支援 せとうちみらいパートナーズ 東広島事務所を開設

23日に1周年記念イベント とれたて元気市となりの農家店

マスク寄贈など支援の輪広がる 東広島市や市社協に申し出

かんきつ思わせる爽やかな香り 「純米吟醸 夏まつり」販売開始 西條鶴醸造


pagetop