ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2019/10/17

市長と語ろう! 気軽におしゃべり
【テーマ】酒まつりと地域の活性化

牧尾さん「酒まつりを通して東広島を好きになってもらいたい」
高垣市長「酒文化を発信、この地の良さが体感できる祭り」


高垣広徳市長

 東広島市の高垣広徳市長と市民が気軽にトーク。今回は、10月12、13日に行われた酒まつりの実行委員長を務めた牧尾和志さんと「酒まつりと地域の活性化」をテーマに、FM東広島(89・7MHz)の番組でおしゃべり。その一部を紙面で紹介。

―酒まつりは、東広島最大規模のまつりです。

高垣 東広島を代表する祭りですね。私は17年前くらいからほぼ毎年訪れています。全国各地から約1000銘柄の日本酒が集まる祭りは他にないと思います。

牧尾 1974年に始まった「みんなの祭り」が前身で、90年に酒まつりとして生まれ変わり、今年は30回目でした。30年かけてここまで育った祭りだと思っています。日本酒が好きな人にはもっと好きになってもらいたい、若い人には酒まつりをきっかけに日本酒に親しんで好きになってもらいたい、という思いが込められています。多くの人に訪れてもらい、東広島を気に入ってもらいたいですね。

高垣 さらにこの地の良さを体感してほしいですね。いずれは住みたいと思ってもらえたら最高です。


▲高垣市長(左)と牧尾さん
―普段、日本酒に親しみがない人でも、日本酒が身近に感じられる機会ですね。

牧尾 日本酒をカクテルで楽しむ人も増えてきていると聞きます。今後も酒まつりで新しい飲み方の提案をしていきたいです。

市長 日本酒のさまざまな飲み方、酒文化を東広島から発信していけたらいいですね。

―牧尾さんは何年前から酒まつりに関わっていますか。

牧尾 12年前からです。祭りを通じて、いかに東広島市を好きになってもらうか、話し合いを重ねて本番を迎えています。

―酒まつりに関わって良かったと思うことは。

牧尾 さまざまな団体や市と横のつながりができたことです。そのつながりを酒まつり以外のイベントを催すときにも生かすことができています。

高垣 商工会議所青年部や、大学生のボランティアなど、若い力によって支えられている祭りです。外国人の皆さんもたくさん参加しています。多文化の共生という意味でもこの祭りの意義があると思っています。


最新ニュース

「良い親子関係を築いて」 臨床心理士 土居さん オンラインでペアトレ講座

地元飲食店の弁当を販売 のん太応援お弁当・お総菜コーナー設置 ショージ

バスを作ろう! ペーパークラフトの型紙配信 芸陽バス

東広島ブランド地鶏開発担う 「日本鶏の研究価値を高めたい」

食材のうま味 プロが生かす 広島県料理業生活衛生同業組合 藤田寛治さん

配達OK!! グルメデリバリー通信

営業再開 店舗一覧(2020/5/28)

新型コロナ対策 素朴な疑問 【東広島市社会福祉協議会編】

臨時休校 東広島市の保護者の不安 【生活面編】

東広島でも広がる! 子どもの学び、オンラインで応援!

東広島生活応援ナビ 紙面×WEB×ラジオで情報発信!

心身の悩み 相談に応じる 東広島市が高齢者電話相談窓口を開設

東広島市新型コロナ対策 市営住宅を提供 解雇などで退去の市民に

生活困窮者など支援しよう 寄付金を受け付け 東広島市

特別定額給付金の申請受付開始 東広島市 地元の大学生を事務で採用

地域の経営者を全力支援 せとうちみらいパートナーズ 東広島事務所を開設

23日に1周年記念イベント とれたて元気市となりの農家店

マスク寄贈など支援の輪広がる 東広島市や市社協に申し出

かんきつ思わせる爽やかな香り 「純米吟醸 夏まつり」販売開始 西條鶴醸造


pagetop