ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2019/10/10

補助金の支出に言及 

八本松町の田坂市議 市議会決算特別委・総括質疑で


▲総括質疑後、今回の質問の意図について答える田坂市議

 東広島市議会は10月2日、平成30年度決算特別委員会の総括質疑を行った。この中で田坂武文市議(令和会)が補助金の適正な支出などについて、執行部をただした。

 田坂市議は、市内の小学校区単位で構成され、まちづくりに取り組んでいる住民自治協議会の中で、一部協議会への補助金交付について指摘。「住民自治協にとっては、総会が最高議決機関。その総会に提出する収支報告書などに、市からの補助金が記載されていない場合、総会の承認を得たことにはならないはず。総会の承認を得ていない補助事業を執行できるのか」などと質問。

 これに対し天神山勝浩生活環境部長は「市は住民自治協の自主的な運営をサポートする立場。住民自治協は規約に基づいて適正な運営をしていると思うが、不適切な事例があれば、指導監督を行う」と述べるにとどまった。

 さらに田坂市議は「補助金の申請をする団体については、その実体があるのかないのか確認する必要があるのではないか」などと追及。江口和浩財務部長は「申請書類に、役員名や目的など必要事項が記載されていれば実体のある団体と判断している。ただ、実体がないとの指摘があれば実態調査は必要だ」と答えた。

 田坂市議は八本松町地区から4月の市議選に初当選。総括質疑後、今回の質問の意図について「(補助金の使途などについて)市民から疑念の声が上がっていた。市民の声を市政に届けるのは市議の仕事だから」と話していた。

 市の説明によると、30年度は一般会計で2530件の団体・事業に約46億8000万円の補助金を支出した、という。

(日川)


最新ニュース

尾道市の野良猫の生息状況を調査 「人の手の介入、猫との共生には大切」

宇山で崖崩れ2人が死亡 市長 避難勧告発令の遅れを謝罪

電子マネーカードを悪用 特殊詐欺被害を阻止 セブンイレブン東広島造賀店

地域の防犯活動に尽力 東広島署・市防犯連合会 2団体と15人を表彰

豪雨被災の農地 東広島市が復旧工事や助成 7月31日までに連絡

今年はオンラインで開催 ひがしひろしま環境フェア

夏季限定「あんずもみじ」発売 にしき堂

古民家改装 くつろぎの空間 総菜の持ち帰りが人気 憩いのカフェ「hanza」

7月23日、ホテルヴァンコーネル1階にオープン 高級食パン専門店 瀬都 西条店

新型コロナ 東広島市中小企業等緊急相談窓口の状況

復旧・復興 一歩一歩確実に 西日本豪雨から2年 東広島市で追悼式

豪雨災害から2年 東広島市 復旧の進行状況公表 7項目で達成率100%

東広島市 大学と共同研究 10件のテーマを採択

コロナ禍を好機に地元産トマトを使用、ソース開発 大浦鮮魚店

「子どもが五感に触れる環境を」 安芸津町の地域おこし協力隊に清水さん

まほろばの里 鍼灸整骨院 移転オープン

市にハンドソープ寄付 イワタニ山陽

4周年感謝祭 限定商品を特別価格で アイクレール八本松店


pagetop