ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2019/9/26

選挙出前講座で模擬投票 

西条農高2年生


▲実際の選挙で用いられる記載台で記入し、投票箱に票を投じる生徒

 東広島市明るい選挙推進協議会(山内吉治会長)と市選挙管理委員会が、同市鏡山の県立西条農高で選挙出前講座を開いた。2年生276人が、実際の選挙で使われる記載台や投票箱を使って、「未来の東広島市長」を選ぶ模擬投票を体験。

 市選管の事務局員が、選挙の意義や流れをクイズ形式で分かりやすく説明した後、生徒3人を市長選の立候補者に見立てた模擬選挙が行われた。事務局員から投票の順序を教えてもらった生徒は、投票用紙に思い思いの名前を記載すると、緊張した面持ちで1票を投じていた。

 食品科学科の樫野瑠来さんは「投票の雰囲気や流れを知ることができた。若者の選挙離れによって、高齢者向けの政策が目立つと聞いて、若者にとっても良い政治をしてもらうために投票率を上げたいと思った」と笑顔だった。山内会長は「講座をきっかけに、未来社会の形成者として、自分はどういう社会を実現したいのか考えてもらいたい」と話していた。

 市明推協と市選管は、選挙権年齢を20歳以上から18歳以上に引き下げた18歳選挙権の適用に合わせ、2015年度から毎年、市内の高校や特別支援学校で出前講座を開いている。

(茨木)


最新ニュース

「良い親子関係を築いて」 臨床心理士 土居さん オンラインでペアトレ講座

地元飲食店の弁当を販売 のん太応援お弁当・お総菜コーナー設置 ショージ

バスを作ろう! ペーパークラフトの型紙配信 芸陽バス

東広島ブランド地鶏開発担う 「日本鶏の研究価値を高めたい」

東広島でも広がる! 子どもの学び、オンラインで応援!

東広島生活応援ナビ 紙面×WEB×ラジオで情報発信!

心身の悩み 相談に応じる 東広島市が高齢者電話相談窓口を開設

東広島市新型コロナ対策 市営住宅を提供 解雇などで退去の市民に

生活困窮者など支援しよう 寄付金を受け付け 東広島市

特別定額給付金の申請受付開始 東広島市 地元の大学生を事務で採用

地域の経営者を全力支援 せとうちみらいパートナーズ 東広島事務所を開設

23日に1周年記念イベント とれたて元気市となりの農家店

マスク寄贈など支援の輪広がる 東広島市や市社協に申し出

かんきつ思わせる爽やかな香り 「純米吟醸 夏まつり」販売開始 西條鶴醸造


pagetop