ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2019/8/22

福富町の地域おこしに新協力隊員 

新聞記者の教蓮孝匡さん


▲天神山部長から辞令書を受け取る教蓮さん(右)

 東広島市は8月1日、福富町の「地域おこし協力隊」に広島市中区の新聞記者、教蓮孝匡さん(43)を新たに委嘱し、市役所で辞令書を交付した。任期は1年更新で最長3年間。教蓮さんは福富町上竹仁に居住地を移し、古民家や休耕田の再生活用などに取り組んでいく。

 教蓮さんは2006年に中国新聞社に入社。記者として、教育、福祉、医療など幅広い分野の取材に携わった。中山間地域の高齢者にスポットを当てた取材で、安芸太田町の住民60人ほどの集落に滞在した経験から「中山間地域は大変なところというイメージがあると思うが、人々の暮らしぶりには都市の生活にはない魅力があった」と話す。次第に「プレイヤーとして中に入ってみたい」と思うようになり、休職して協力隊として活動する道を選んだ。

 教蓮さんは「休耕田などを再生活用して、不登校や引きこもりの子どもたちが交流できる場をつくりたい。まずは、地域が何を必要としていて、何に困っているのかを知ることから始め、地域の資源や力を借りながら活動していきたい」と意気込む。市生活環境部の天神山勝浩部長は「経験やスキルを存分に発揮して地域を盛り上げてほしい」と激励した。

 「地域おこし協力隊」は、高齢化や人口減少の進む過疎地に、地域外から人材を受け入れて地域の活性化に取り組んでもらい、地域力の維持・強化を図ることを目的にした総務省の制度。市は2016年から、河内町宇山地区、福富町、豊栄町、河内町、志和町に順次導入した。8月1日現在、教蓮さんを含む7人の隊員が在籍している。

(茨木)


最新ニュース

東広島市社協に車を寄贈 西条ロータリークラブ

安芸津で総合防災訓練 豪雨発生を想定 700人が参加

152人が自慢ののど披露 市長杯オープン歌謡選手権

ベテランからビギナーまで134点ずらり 第29回東広島合同写真展

介護サポーターになりませんか 退職後の就労先として注目

広島地区本部から過去最多入賞 少林寺流錬心舘全国空手道選手権

みんな笑顔に! 西条町寺家に歯科医院が開院 みんなの歯科クリニック

連載特集 もう一つの空き家問題 学生アパートの今昔事情

くららの大ホール裏側を見学 親子連れら45人

若いアイデア 内装に反映 ミライノ+

東広島商工会議所青年部だより 8月例会

市長と語ろう! 気軽におしゃべり 【テーマ】地域で活躍する学生

遺族ら250人が平和への誓い新たに 東広島市戦没者追悼式

カヌーやヨットを体験 小学生たちに指導 B&G黒瀬安芸津 海洋クラブ

竪穴住居跡など発掘 友松3号遺跡で説明会

東広島の空き家問題 第3弾 不動産業者の本音

書で原爆への怒りを訴え 被爆者 青山さんが作品展

核兵器のない世界を 原水禁国民平和大行進

東広島市 広島大への交通手段確保へ カーシェア活用し社会実験

吟剣詩舞に親しむ190人が参加 第5回日本コロムビア吟詠音楽会

運転免許の自主返納者増加 バス運賃割引の社会実験 東広島署など実施

世界各地の社会課題考える 近大附中3年生 留学生と英語で学ぶ

広島大学 輝く学生 広島大体育会女子剣道部


pagetop