ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2019/8/22

福富町の地域おこしに新協力隊員 

新聞記者の教蓮孝匡さん


▲天神山部長から辞令書を受け取る教蓮さん(右)

 東広島市は8月1日、福富町の「地域おこし協力隊」に広島市中区の新聞記者、教蓮孝匡さん(43)を新たに委嘱し、市役所で辞令書を交付した。任期は1年更新で最長3年間。教蓮さんは福富町上竹仁に居住地を移し、古民家や休耕田の再生活用などに取り組んでいく。

 教蓮さんは2006年に中国新聞社に入社。記者として、教育、福祉、医療など幅広い分野の取材に携わった。中山間地域の高齢者にスポットを当てた取材で、安芸太田町の住民60人ほどの集落に滞在した経験から「中山間地域は大変なところというイメージがあると思うが、人々の暮らしぶりには都市の生活にはない魅力があった」と話す。次第に「プレイヤーとして中に入ってみたい」と思うようになり、休職して協力隊として活動する道を選んだ。

 教蓮さんは「休耕田などを再生活用して、不登校や引きこもりの子どもたちが交流できる場をつくりたい。まずは、地域が何を必要としていて、何に困っているのかを知ることから始め、地域の資源や力を借りながら活動していきたい」と意気込む。市生活環境部の天神山勝浩部長は「経験やスキルを存分に発揮して地域を盛り上げてほしい」と激励した。

 「地域おこし協力隊」は、高齢化や人口減少の進む過疎地に、地域外から人材を受け入れて地域の活性化に取り組んでもらい、地域力の維持・強化を図ることを目的にした総務省の制度。市は2016年から、河内町宇山地区、福富町、豊栄町、河内町、志和町に順次導入した。8月1日現在、教蓮さんを含む7人の隊員が在籍している。

(茨木)


最新ニュース

子ども用マスク作りに取り組む 高屋西小PTA 親子折り紙教室

新型コロナへの対応を協議 被災者支援のボランティア活動

一般質問で会派を分析 東広島市議会@ 創志会 農業分野に切り込む

介護サポーターを知って 事業説明会・面談会に48人参加

東広島RC 外国人児童生徒を支援 市教委に多国語翻訳機贈呈

広島大学の若手研究者に聞く 選手のパフォーマンスの最適化のため、体温に着目

新型コロナ 東広島市中小企業等緊急相談窓口の状況

消防局が住民4人に感謝状 火災鎮火に貢献、水難事故で人命救助

桃が旬、例年より甘く 阿部農園で収穫真っ盛り

東広島市が表彰制度新設 優良工事施工で業者5社表彰

西條商事 豊栄地区で販売スタート! 移動スーパー「とくし丸」

介護サポートの味方 マッスルスーツ寄贈 メンテックワールド・広銀が八本松病院に

英検が受けられるセンター 寺家駅前にオープン

「食事の際などに活用して」 外したマスクを包んで保管 大洋印刷が商品開発

全室個室のプライベート空間で焼肉を 「大たにや」オープン


pagetop