ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2019/8/22

福富町の地域おこしに新協力隊員 

新聞記者の教蓮孝匡さん


▲天神山部長から辞令書を受け取る教蓮さん(右)

 東広島市は8月1日、福富町の「地域おこし協力隊」に広島市中区の新聞記者、教蓮孝匡さん(43)を新たに委嘱し、市役所で辞令書を交付した。任期は1年更新で最長3年間。教蓮さんは福富町上竹仁に居住地を移し、古民家や休耕田の再生活用などに取り組んでいく。

 教蓮さんは2006年に中国新聞社に入社。記者として、教育、福祉、医療など幅広い分野の取材に携わった。中山間地域の高齢者にスポットを当てた取材で、安芸太田町の住民60人ほどの集落に滞在した経験から「中山間地域は大変なところというイメージがあると思うが、人々の暮らしぶりには都市の生活にはない魅力があった」と話す。次第に「プレイヤーとして中に入ってみたい」と思うようになり、休職して協力隊として活動する道を選んだ。

 教蓮さんは「休耕田などを再生活用して、不登校や引きこもりの子どもたちが交流できる場をつくりたい。まずは、地域が何を必要としていて、何に困っているのかを知ることから始め、地域の資源や力を借りながら活動していきたい」と意気込む。市生活環境部の天神山勝浩部長は「経験やスキルを存分に発揮して地域を盛り上げてほしい」と激励した。

 「地域おこし協力隊」は、高齢化や人口減少の進む過疎地に、地域外から人材を受け入れて地域の活性化に取り組んでもらい、地域力の維持・強化を図ることを目的にした総務省の制度。市は2016年から、河内町宇山地区、福富町、豊栄町、河内町、志和町に順次導入した。8月1日現在、教蓮さんを含む7人の隊員が在籍している。

(茨木)


最新ニュース

尾道市の野良猫の生息状況を調査 「人の手の介入、猫との共生には大切」

宇山で崖崩れ2人が死亡 市長 避難勧告発令の遅れを謝罪

電子マネーカードを悪用 特殊詐欺被害を阻止 セブンイレブン東広島造賀店

地域の防犯活動に尽力 東広島署・市防犯連合会 2団体と15人を表彰

豪雨被災の農地 東広島市が復旧工事や助成 7月31日までに連絡

今年はオンラインで開催 ひがしひろしま環境フェア

夏季限定「あんずもみじ」発売 にしき堂

古民家改装 くつろぎの空間 総菜の持ち帰りが人気 憩いのカフェ「hanza」

7月23日、ホテルヴァンコーネル1階にオープン 高級食パン専門店 瀬都 西条店

新型コロナ 東広島市中小企業等緊急相談窓口の状況

復旧・復興 一歩一歩確実に 西日本豪雨から2年 東広島市で追悼式

豪雨災害から2年 東広島市 復旧の進行状況公表 7項目で達成率100%

東広島市 大学と共同研究 10件のテーマを採択

コロナ禍を好機に地元産トマトを使用、ソース開発 大浦鮮魚店

「子どもが五感に触れる環境を」 安芸津町の地域おこし協力隊に清水さん

まほろばの里 鍼灸整骨院 移転オープン

市にハンドソープ寄付 イワタニ山陽

4周年感謝祭 限定商品を特別価格で アイクレール八本松店


pagetop