ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2019/8/8

みんなのぷらざ

ギャラリー

グループはまゆう フランス刺繍展示会


刺しゅう作品
市民ギャラリー
8月17日(土)〜19日(月)

 フランス刺しゅうは、ステッチの種類が豊富で、さまざまなステッチを自由に組み合わせて表現します。色鮮やかで、絵画のような作品作りが楽しめるのが魅力です。

 8月17〜19日の9時〜17時、市民ギャラリーで「グループはまゆうフランス刺繍展示会」を開催します。市民ギャラリーでは初めての展示で、タンス、椅子、時計などの家具類やバッグ、ポーチなどの小物まで、一針一針心を込めて制作した作品が並びます。皆さまのご来場を心よりお待ちしています。

■寺原郁子/0823(82)6680

第8回ペン習字作品展
〜美しい文字に魅せられて〜


ペン習字作品(一部分)
市民ギャラリー
8月21日(水)〜26日(月)

 手で書かれた文字には命があり、その方の人柄、心まで伝わってくるようです。私たちは、のし袋や手紙、はがきなど、生活に密着した、日常に書くペン習字の文字の美しさに憧れて、日々研さんしています。

 8月21〜26日の9時〜17時、市民ギャラリーで「第8回ペン習字作品展〜美しい文字に魅せられて〜」を開催します。児童生徒250点、大人70点の作品を出品します。どうぞ、お誘い合わせの上、足をお運びください。

■東広島市文化連盟(難波佑子)/080(1920)2249

東広島市民ギャラリー
東広島芸術文化ホールくらら1階 

【所在地】東広島市西条栄町7番19号 
【電 話】082(426)5900
 ※入場無料


プレスネット フォトリポート

ブッポウソウ(仏法僧)


7月11日、東広島市豊栄町で撮影
※「東広島の野鳥と自然に親しむ会」の会長、飯田義彦さんに撮影の了解を得ました

 国の絶滅危惧種に指定されているブッポウソウ。ハトより少し小型で翼は鮮やかな青緑色、くちばしと脚は赤だいだい色で「森の宝石」と呼ばれています。保護活動に取り組んでいる「東広島の野鳥と自然に親しむ会」が設置している巣箱で子育ての様子を観察しました。親鳥は餌をくわえて帰り頻繁に給餌しますが、まだひなが小さいのか残念ながら姿は確認できません。
 同会では、観察や撮影は巣箱から100m離れ、同じ場所に長くとどまらないなど基本的なマナーを守って皆が幸せな気持ちになれるよう協力を呼び掛けています。私も、小さな生命、豊かな自然を大切に、という思いでいつも撮影し紹介しています。

(フォトリポーター 井川良成)

梅雨明け花


7月25日、東広島市八本松町で撮影

 昔からタチアオイは梅雨入りと梅雨明けを告げる花とされ「梅雨葵」という別名が付いています。梅雨入りと共に茎の下から咲き始め、花の咲く位置が段々と上がっていき、一番上まで咲くと梅雨が明けるころとされています。また、花が咲くと「田植えの始まり」、花の咲き終わりが「梅雨の終わり」と言い伝えられるように、桜の花と共に農事暦にもなっています。梅雨明け間近の日に撮影してみました。花言葉は15くらいありますが、「大望」がこの花に合ってると思います。

(フォトリポーター 井川良成)

サンフレッチェ応援電車


6月25日、東広島市高屋町で撮影

 田植えが終わって約2カ月。高屋町の水田地帯は緑一色となりました。その中を走る電車の中でもひときわ目立つのが、カープとサンフレッチェを応援するラッピング塗装を施した列車です。駅に停車中の姿を写真に撮るのは簡単ですが、走行中の3両編成の全景を撮るのは困難です。4度挑戦し、5度目にやっと成功しました。

(フォトリポーター 船越雄治)

グンバイトンボの天国


6月17日、東広島市志和町で撮影

 野鳥の撮影のため、山歩きをしていると、小さなため池に出合いました。脚が白いイトトンボが飛んでおり、もしやと思い、竹やぶをかき分けて近づくと、この3年間見ることのなかったグンバイトンボの雄でした。広島県版RDBでは準絶滅危惧種に指定されています。このため池は山奥にあり、ブラックバスを放流する人も来ないので生き残れたのでしょう。

(フォトリポーター 船越雄治)


東広島の野草

コバノトンボソウ(小葉の蜻蛉草)


7月5日、東広島市志和町で撮影

 広島県版のRDBでは準絶滅危惧種に指定されている希少な湿地植物です。花は長さ2.5cmと小さく、しかも薄緑色なので周囲の草に紛れて咲いていても気付きません。蜜が入っている(きょ)は約2cmの長さがあり、上に反り返っているので、トンボが止まっているように見えます。昨年の西日本豪雨で土砂が流れ込んできた湿地でかろうじて生き残っていました。

(フォトリポーター 船越雄治)


一句

東広島俳句協会会員の作品

朝刊のインクのにほふ原爆忌  石原 幸子
盆踊り子等の手振りのよく揃ひ 上早稲恵智子
山の幸並ぶ朝市涼新た     原田 妙子
骨の無き墓を撫でゐて広島忌  橋本 園江
耳とほき夫との会話鳳仙花   脇舛 文子


みんなのぷらざでは、皆さんの投稿をお待ちしております

 「セカンド楽しライフ」は定年後の趣味や生活の仕方などで400字以内、「うれしい仲間」はさまざまな集いで撮影した写真と記事(200字)、「わたしのスケッチ」はあなたのお気に入りの写真にひと言添えて送ってください。文章を添削する場合があります。原稿には必ず郵便番号、住所、氏名(わたしのスケッチはペンネームも可)、年齢、電話番号を明記してください。
 郵送 〒739−8616 プレスネット「みんなのぷらざ」係へ メール weekly@pressnet.co.jp


最新ニュース

救急医療の適正な利用を 市が取り組みを強化

友好提携の徳陽市訪問 東広島市の小中学生8人

福富町の地域おこしに新協力隊員 新聞記者の教蓮孝匡さん

東広島の小中学生と交流 北広島市の子ども大使14人 姉妹都市で相互派遣

家庭内食中毒に注意を 市内の商業施設前で啓発 東広島食品衛生協

私費留学生に奨学金 今年度3人の奨学生決定 東広島市国際化推進協

中高生が最先端の微生物研究体験 近大工学部で体験講座

竹炭で風鈴作りに挑戦 大道山竹炭工房で 河内小4年生

介護現場のハラスメント考える権利擁護セミナー 介護職員52人参加

東広島の空き家問題 第2弾 人を呼ぶイベント仕掛け 移住促進の拠点に

大学生企画の地域活動を支援 「ひがしひろしま 学生×地域塾」が合宿

大和ミュージアム 来場者が10万人超える 企画展「海底に眠る軍艦」

元カープ新井さんがトークショー 東広島商議所30周年事業

志和町で啓発チラシ配布 夏の交通安全運動

中高そろって全国大会へ 近大附属東広島校の中高ダンス部

松島牧場を忘れまい 写真展とワークショップ 志和町ほたる荘で

9周年迎えた清掃活動 ボランティア団体「夢拾い」

山頂目指して駆け上がる 92人が健脚競う 板鍋山ヒルクライム

「チャレンジを恐れないで」 桝本誠二さんが松賀中で講演

歴代のポスターやチラシでたどる 現代絵本作家原画展の回顧展

6年女子100mで強豪に挑む 東広島TFC 藤田実央さん 2年連続で全国大会に出場

地域で清掃活動 錬心舘広島地区本部 高屋支部

東広島商工会議所青年部だより 7月例会 地域ブランドのつくりかた

スポーツ通し人権意識高める 小谷小の250人 障害者フライングディスクを体験

子ども服を難民に届けよう! ユニクロのスタッフが授業 吉川小

食品ロス削減協力店募集 東広島 飲食店や小売店対象

24mの巻きずし作ったよ! 御薗宇小5年生がPTC

高垣市長を表敬訪問 メキシコのゴルフ選手団 東京五輪・パラリンピック事前合宿


pagetop