ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2019/8/8

山頂目指して駆け上がる 

92人が健脚競う 板鍋山ヒルクライム


▲7歳から67歳までが健脚を競い合った「第2回板鍋山ヒルクライム」

 東広島市豊栄町の板鍋山(標高757m)で7月20日、山頂を目指して自転車で一気に駆け上がり、タイムを競う「第2回板鍋山ヒルクライム」が開かれ、県内外から参加した7歳から67歳までの92人が健脚を競い合った。


▲霧の中、ペダルに力を込めながら「激坂」を駆け上がる選手

 コースは、板鍋山登山道入り口から山頂までの舗装された登山道約3キロ。標高差340m、平均斜度11・3%と、序盤からハードな上り坂が続く難コース。選手は、ジュニアユースの部や一般の部、電動アシスト付自転車の部など9部門に分かれ、時間差スタート方式の個人タイムトライアルで、霧に包まれた「激坂」に挑戦した。ゴールまでの残り500mには、最大斜度16%の難関「板鍋の壁」が待ち構え、選手は息を切らしながら懸命にペダルを踏んでいた。

 廿日市市の小学6年生、三谷優空さん(12)は「最後まで足を付かずに走り切れた。最後の数メートルは本当に地獄の苦しさだったけれど楽しかった」、西条町助実の会社員早田俊之さん(47)は「きつくて有名な上り坂に挑戦できた。仲間の声援に押されて頑張れた」と笑顔で話していた。

 大会は、豊栄町清武でレンタサイクル店を営む自転車くらすとサタケなどでつくる板鍋山ヒルクライム実行委員会が、地元を盛り上げようと開催。地元住民や高校生ら延べ50人以上が、ボランティアとしてコース整備や会場の設営を担った。

  (茨木)


最新ニュース

救急医療の適正な利用を 市が取り組みを強化

友好提携の徳陽市訪問 東広島市の小中学生8人

福富町の地域おこしに新協力隊員 新聞記者の教蓮孝匡さん

東広島の小中学生と交流 北広島市の子ども大使14人 姉妹都市で相互派遣

家庭内食中毒に注意を 市内の商業施設前で啓発 東広島食品衛生協

私費留学生に奨学金 今年度3人の奨学生決定 東広島市国際化推進協

中高生が最先端の微生物研究体験 近大工学部で体験講座

竹炭で風鈴作りに挑戦 大道山竹炭工房で 河内小4年生

介護現場のハラスメント考える権利擁護セミナー 介護職員52人参加

東広島の空き家問題 第2弾 人を呼ぶイベント仕掛け 移住促進の拠点に

大学生企画の地域活動を支援 「ひがしひろしま 学生×地域塾」が合宿

大和ミュージアム 来場者が10万人超える 企画展「海底に眠る軍艦」

元カープ新井さんがトークショー 東広島商議所30周年事業

志和町で啓発チラシ配布 夏の交通安全運動

中高そろって全国大会へ 近大附属東広島校の中高ダンス部

松島牧場を忘れまい 写真展とワークショップ 志和町ほたる荘で

9周年迎えた清掃活動 ボランティア団体「夢拾い」

山頂目指して駆け上がる 92人が健脚競う 板鍋山ヒルクライム

「チャレンジを恐れないで」 桝本誠二さんが松賀中で講演

歴代のポスターやチラシでたどる 現代絵本作家原画展の回顧展

6年女子100mで強豪に挑む 東広島TFC 藤田実央さん 2年連続で全国大会に出場

地域で清掃活動 錬心舘広島地区本部 高屋支部

東広島商工会議所青年部だより 7月例会 地域ブランドのつくりかた

スポーツ通し人権意識高める 小谷小の250人 障害者フライングディスクを体験

子ども服を難民に届けよう! ユニクロのスタッフが授業 吉川小

食品ロス削減協力店募集 東広島 飲食店や小売店対象

24mの巻きずし作ったよ! 御薗宇小5年生がPTC

高垣市長を表敬訪問 メキシコのゴルフ選手団 東京五輪・パラリンピック事前合宿


pagetop