ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2019/8/1

高垣市長を表敬訪問 メキシコのゴルフ選手団7人

東京五輪・パラリンピック東広島で事前合宿


▲セレーナ・ぺデルソリコーチと握手を交わして激励する高垣市長

 2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、東広島市内で事前合宿していたメキシコのゴルフ選手団が7月16日、市役所の高垣広徳市長を表敬訪問した。

 広島県は昨年度から、全26競技のメキシコ選手団の事前合宿を、県内各地で順次受け入れている。東広島市では、ゴルフ、レスリング、卓球の3競技で選手団の受け入れを行っていて、ゴルフ選手団の受け入れは昨年に続き2回目。今回は選手6人、コーチ1人の計7人が来広した。

 市役所に到着した一行がバスから降りると、玄関ホールで待ち構えた職員や居合わせた市民らが、メキシコ国旗の小旗を振るなどして歓迎した。高垣市長はセレーナ・ぺデルソリコーチ(58)との再会に「とても幸せ」と話し、「練習だけでなく、市民との友好を深め思い出に残る充実した合宿にしてもらいたい」とあいさつした。セレーナ・ぺデルソリコーチは「全面的なサポートに大変感謝している。このサポートが、私たちの目標達成につながると確信している」と謝意を述べた。

 事前合宿は7月14〜26日。西条町下三永の広島カンツリー倶楽部西条コースを中心に練習を行った。期間中、選手たちは、地元中学生とパークゴルフをするなどして市民と交流を深めた。

 8月23日〜9月10日には、メキシコの卓球選手団が事前合宿のために東広島市を訪れる。

  (茨木)


最新ニュース

「街が華やいだよう」生け花3000本酒蔵彩る ―酒造8社と花屋7店が協力

新型コロナ 東広島の労働環境は…B 市・商議所の支援と企業の動き

東広島市議会 6月定例会総括 条例制定 長期間欠席議員の報酬減額

「地域文化の交流拠点に」 新市立美術館 市民向けに内覧会

「高配当」語る詐欺未然に防ぐ 東広島署 郵便局員に感謝状

手を触れずペダル踏んで消毒 三ツ和工業 板金加工技術生かす

訃報 冨吉邦彦氏

アゲハチョウ飼育キット 市内全小学校にプレゼント

文科省の読書活動優秀実践校に 磯松中 学校図書館の活用法工夫

「まちなか商店」期間限定オープン エプロンや洋服など販売

本格広島つけ麺「麺屋COO」 五エ門2階にオープン

「西条中央公園」リニューアル 新美術館に併設 地域の交流スポットに

バス交通結節点を整備 広島大学内2カ所に

新型コロナ 東広島市中小企業等緊急相談窓口の状況

広島アセアン協会のこと メンテックワールド社長 小松節子のハートフルメッセージ


pagetop