ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2019/8/1

スポーツ通し人権意識高める 

小谷小の250人 障害者フライングディスクを体験


▲アイマスクを付けて音をたよりにディスクを投げる児童

 障害者スポーツ選手との交流を通して、人権意識を高め、障害者スポーツの魅力を肌で感じてもらおうと、東広島市高屋町小谷の市立小谷小学校で7月9日、「障害者スポーツ人権教室」があった。全児童約250人が、直径23.5cm、重さ100gのプラスチック製の円盤(ディスク)を投げて飛距離などを競い合う「障害者フライングディスク」を体験した。広島法務局東広島支局などの共催。

 児童たちは、ひろしま障害者フライングディスク協会の宇山勝さん(76=高屋町小谷)の指導で、5m先にある直径91.5cmの円形ゴールに向けてディスクを投げ、その通過回数を競い合う「アキュラシー」を体験。宇山さんにディスクの持ち方や投げ方を教えてもらいながら、真剣なまなざしで思い思いにゴールを狙っていた。その後、代表の児童が、アイマスクを付けたり車いすに座ったりして、競技に挑戦した。

 6年の荒木航太君は「普段から相手のことを思いやれる人になりたいと感じた」と笑顔で話していた。

  (茨木)


最新ニュース

「街が華やいだよう」生け花3000本酒蔵彩る ―酒造8社と花屋7店が協力

新型コロナ 東広島の労働環境は…B 市・商議所の支援と企業の動き

東広島市議会 6月定例会総括 条例制定 長期間欠席議員の報酬減額

「地域文化の交流拠点に」 新市立美術館 市民向けに内覧会

「高配当」語る詐欺未然に防ぐ 東広島署 郵便局員に感謝状

手を触れずペダル踏んで消毒 三ツ和工業 板金加工技術生かす

訃報 冨吉邦彦氏

アゲハチョウ飼育キット 市内全小学校にプレゼント

文科省の読書活動優秀実践校に 磯松中 学校図書館の活用法工夫

「まちなか商店」期間限定オープン エプロンや洋服など販売

本格広島つけ麺「麺屋COO」 五エ門2階にオープン

「西条中央公園」リニューアル 新美術館に併設 地域の交流スポットに

バス交通結節点を整備 広島大学内2カ所に

新型コロナ 東広島市中小企業等緊急相談窓口の状況

広島アセアン協会のこと メンテックワールド社長 小松節子のハートフルメッセージ


pagetop