ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2019/7/25

防災用の井戸開設 東広島市と災害時協定

呉信金安芸津支店

 呉信用金庫(呉市)は、昨年の西日本豪雨で旧支店内に土砂が流入して、約1週間の休業に追い込まれた安芸津支店(安芸津町三津)の新店舗に、防災用の井戸を設置した。「より多くの地域の皆さんに利用してもらえるように」と7月2日、東広島市と「災害時協力井戸に関する協定」を結んだ。市と民間事業者が防災用の井戸に関する災害時協定を結ぶのは初めて。

 同支店は、西日本豪雨災害後に断水が続き生活用水の確保に苦労したことから、昨年9月に新築移転した店舗駐車場内に、約60mの深さから地下水をくみ上げる井戸を、約260万円をかけて整備した。停電時でも使えるように、と手動式ポンプを採用した。今後は、災害時協力井戸であることを周知してもらうための表示板を掲示し、災害に伴う断水時に、トイレや洗濯などの生活用水として地域住民に提供していく。

 市役所であった締結式には同信金の向井淳滋理事長が出席し、協定書に署名した。向井理事長は「交通インフラが遮断されても水を提供できる。地域と共に生きる金融機関として、地域に貢献していきたい」、高垣広徳市長は「ライフラインの確保のために井戸を確保することは大変重要なテーマ。市内にどのくらいの井戸があるかなど、今後調査を進めていきたい」と話していた。

(茨木)


最新ニュース

救急医療の適正な利用を 市が取り組みを強化

友好提携の徳陽市訪問 東広島市の小中学生8人

福富町の地域おこしに新協力隊員 新聞記者の教蓮孝匡さん

東広島の小中学生と交流 北広島市の子ども大使14人 姉妹都市で相互派遣

家庭内食中毒に注意を 市内の商業施設前で啓発 東広島食品衛生協

私費留学生に奨学金 今年度3人の奨学生決定 東広島市国際化推進協

中高生が最先端の微生物研究体験 近大工学部で体験講座

竹炭で風鈴作りに挑戦 大道山竹炭工房で 河内小4年生

介護現場のハラスメント考える権利擁護セミナー 介護職員52人参加

東広島の空き家問題 第2弾 人を呼ぶイベント仕掛け 移住促進の拠点に

大学生企画の地域活動を支援 「ひがしひろしま 学生×地域塾」が合宿

大和ミュージアム 来場者が10万人超える 企画展「海底に眠る軍艦」

元カープ新井さんがトークショー 東広島商議所30周年事業

志和町で啓発チラシ配布 夏の交通安全運動

中高そろって全国大会へ 近大附属東広島校の中高ダンス部

松島牧場を忘れまい 写真展とワークショップ 志和町ほたる荘で

9周年迎えた清掃活動 ボランティア団体「夢拾い」

山頂目指して駆け上がる 92人が健脚競う 板鍋山ヒルクライム

「チャレンジを恐れないで」 桝本誠二さんが松賀中で講演

歴代のポスターやチラシでたどる 現代絵本作家原画展の回顧展

6年女子100mで強豪に挑む 東広島TFC 藤田実央さん 2年連続で全国大会に出場

地域で清掃活動 錬心舘広島地区本部 高屋支部

東広島商工会議所青年部だより 7月例会 地域ブランドのつくりかた

スポーツ通し人権意識高める 小谷小の250人 障害者フライングディスクを体験

子ども服を難民に届けよう! ユニクロのスタッフが授業 吉川小

食品ロス削減協力店募集 東広島 飲食店や小売店対象

24mの巻きずし作ったよ! 御薗宇小5年生がPTC

高垣市長を表敬訪問 メキシコのゴルフ選手団 東京五輪・パラリンピック事前合宿


pagetop