ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2019/7/25

春の叙勲 喜びの声 

瑞宝小綬章
近畿大学名誉教授・工学博士 小松眞一郎さん(79)


こまつ しんいちろう 1939年、広島市生まれ。近畿大卒。近畿大学工学部助手、講師、助教授を経て1990年に教授、米国Texas A&M 大学で1年間の在外研究。機械システム工学科長・工学部長補佐・教務委員長・大学院教授など多くの要職を歴任し、2008年に名誉教授。公益社団法人日本鋳造工学会で理事・中国四国支部長・英語論文査読委員などを歴任し、2013年に名誉会員。

春の叙勲の受章者に喜びの声を聞きました。
※年齢は受章当時

学生教育の魅力化と鋳造工学研究に尽力

 「魅力ある大学」づくりを目指し、近畿大工学部で41年間、教育・大学運営に尽力するとともに、鋳造工学の基礎研究に励み、優れた業績を上げた。

 学生たちに「基礎学力・人間性・国際性」を養ってほしいと、学生の学習意欲を向上させる講義の工夫や大学運営の改善を常に心掛けてきた。学問の応用事例紹介や実験の重視・海外語学研修制度の創設・シラバス作成や教員の授業評価制度の導入などでも先導的役割を務め、果敢に新しい試みにチャレンジ。慣例がなく周囲から反対されることもあったが、常に学生たちの将来に目を向けてその実現に努力した。「日本は人口比で世界の2%、国土面積比は0・2%しかない」と、学生に海外研修や英語力向上などの必要性を説く。

 小学校長だった父親が、優しく見守り、いろいろなことに挑戦させてくれた。小学校から大学まで常に級長や生徒会長などの世話役を積極的に引き受け、大学時代には当時はまだ少なかった海外語学留学で2年間のアメリカ生活を体験した。「大学までのいろいろな経験が人生の礎になった」と振り返る。中学3年時の理科の先生が、嫌いだった理科学習の面白さを教えてくれ、人生の方向を決めた。

 今回の受章を「私が頂いていいのか」と謙虚に受け止める。「今後も若い人たちに、若い時分に学習・体験すべきことを、自分の実体験や反省などを踏まえて発信したい」と、教育者としての志は尽きない。 (石田)


最新ニュース

国際的な研究拠点を形成 東広島市と広島大が協定

46団体が活動成果を発表 東広島地区フェスティバルけんみん文化祭2019

子ども塾「竹の子」に炊事用具6点寄贈 広島空港ロータリークラブ

弾丸ライナーズが2連覇 東広島鷲羽杯軟式野球大会

地域で子育てを こども未来フェスタ

広大生が大学の魅力発信 キャンパスガイドで今秋入学の留学生を案内

世界の水楽しむ 第20回アクアフェスタin福富

県大会で金賞、中国大会で銀賞 部員20人「全音響心」で挑む 高美が丘中音楽部

183人が球技を楽しむ 知的障害者施設の親善大会

市長と語ろう! 気軽におしゃべり 【テーマ】酒まつりと地域の活性化

補助金の支出に言及 八本松町の田坂市議 市議会決算特別委・総括質疑で

駅伝で相手思いやる心学ぶ 御薗宇小で人権スポーツ教室

市社協に車椅子と寄付金 サコダ車輌

プロ選手が児童と交流 広島ドラゴンフライズが合宿 10月12・13日に東広島で試合

100歳を迎えた高齢者を祝う 高垣市長が地域密着型特別養護老人ホームを訪問

酒蔵通りに俳句ポスト設置 町の新しい魅力発見 西条住民自治協議会

スマホで予約できるバス 広島大学循環バス試乗会

200人訪れ森のコンサート 風光明媚な公園で音楽演奏など楽しむ

車いすソフトボールで初優勝 ワールドシリーズ国別対抗戦 広島サリーレ所属 江南聖さん

商工会議所青年部だより 高校サッカー日本一に導いた監督が語る、ボトムアップ理論とは

千鳥足をテーマに表現を競う 10組が参加 酒蔵通りで選手権

笑顔いっぱい運動会 オーエヌ第1保育園

平岩小が創立40周年 創立記念式典開かれる

6年生が校内のトイレ掃除 平岩小で掃除に学ぶ会

東広島青年会議所が市に寄付 復興イベント売上 西日本豪雨災害の義援金に

園児と踊って楽しく交流 八本松ひょっとこ愛好会

人気のグルメに舌鼓 道の駅湖畔の里福富でマルシェ


pagetop