ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2019/7/11

春の叙勲 喜びの声 

旭日小綬章
元東広島市議 下村昭治さん(77)


しもむら しょうじ 1942年、志和町生まれ。賀茂高校卒、同志社大卒。自動車販売会社員などを経て、91年の市議選に初当選。以後6期連続当選を果たし2015年に引退。在任中、副議長(1999年〜2000年)、議長(2005年〜07年)など歴任。

春の叙勲の受章者に喜びの声を聞きました。
※年齢は受章当時

人生の後半に良い仕事ができたかな

 「人生の後半に、本当に良い仕事ができたかな、と思う。自分で自分を褒めてもいいかな(笑)」。24年間にわたって東広島市議を務めたことを振り返っての率直な思いだ。

 小学生のときから、日本の各大臣の名前を覚えるなど政治に関心を持っていた。大学卒業後、会社勤務などを経て、志和町にUターン。志和町選出の代議士だった谷川和穂さん(故人)の後援会青年部を組織、谷川さんの選挙活動を支えた。

 東広島市議選に立候補したのは1991年。地元選出の市議が引退、白羽の矢が立った。「覚悟を決めた。引き受けた以上、自分は大役を果たせる人間だと 自己暗示をかけた」。小学生のとき、先生から推薦されて児童会長を務めた成功体験が、気持ちを奮い立たせてくれた。

 49歳のとき、初当選。以来、政治が清廉なら人の心も穏やかになる、という意味の「政清人和」の言葉を心に留めながら、6期連続当選を果たした。市議は地域代表の側面も強いが、「『木を見て森を見ず』では議員は務まらない。大所高所の視点から市政をただしてきた」と振り返る。

 3人の首長の元で、市政をチェックしてきた。市は24年間でインフラ整備が進展し大きく成長を遂げた。「大学や研究機関が集積する東広島は、まだまだ多くのポテンシャルを秘めている」。市を思う気持ちはいささかも衰えていない。 (日川)


最新ニュース

SNSで開発商品の意見を 東広島の食つくり手とつかい手プロジェクト

東広島地区医師会にフェースシールド寄付 東広島ライオンズクラブ

第2波へ備え、緊張感持って対応 東広島地区医師会 山田 謙慈会長

社員は会社の宝 メンテックワールド社長 小松節子のハートフルメッセージ

「良い親子関係を築いて」 臨床心理士 土居さん オンラインでペアトレ講座

地元飲食店の弁当を販売 のん太応援お弁当・お総菜コーナー設置 ショージ

バスを作ろう! ペーパークラフトの型紙配信 芸陽バス

東広島ブランド地鶏開発担う 「日本鶏の研究価値を高めたい」

食材のうま味 プロが生かす 広島県料理業生活衛生同業組合 藤田寛治さん

配達OK!! グルメデリバリー通信

営業再開 店舗一覧(2020/5/28)

新型コロナ対策 素朴な疑問 【東広島市社会福祉協議会編】

臨時休校 東広島市の保護者の不安 【生活面編】


pagetop