ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2019/7/11

春の叙勲 喜びの声 

旭日小綬章
元東広島市議 下村昭治さん(77)


しもむら しょうじ 1942年、志和町生まれ。賀茂高校卒、同志社大卒。自動車販売会社員などを経て、91年の市議選に初当選。以後6期連続当選を果たし2015年に引退。在任中、副議長(1999年〜2000年)、議長(2005年〜07年)など歴任。

春の叙勲の受章者に喜びの声を聞きました。
※年齢は受章当時

人生の後半に良い仕事ができたかな

 「人生の後半に、本当に良い仕事ができたかな、と思う。自分で自分を褒めてもいいかな(笑)」。24年間にわたって東広島市議を務めたことを振り返っての率直な思いだ。

 小学生のときから、日本の各大臣の名前を覚えるなど政治に関心を持っていた。大学卒業後、会社勤務などを経て、志和町にUターン。志和町選出の代議士だった谷川和穂さん(故人)の後援会青年部を組織、谷川さんの選挙活動を支えた。

 東広島市議選に立候補したのは1991年。地元選出の市議が引退、白羽の矢が立った。「覚悟を決めた。引き受けた以上、自分は大役を果たせる人間だと 自己暗示をかけた」。小学生のとき、先生から推薦されて児童会長を務めた成功体験が、気持ちを奮い立たせてくれた。

 49歳のとき、初当選。以来、政治が清廉なら人の心も穏やかになる、という意味の「政清人和」の言葉を心に留めながら、6期連続当選を果たした。市議は地域代表の側面も強いが、「『木を見て森を見ず』では議員は務まらない。大所高所の視点から市政をただしてきた」と振り返る。

 3人の首長の元で、市政をチェックしてきた。市は24年間でインフラ整備が進展し大きく成長を遂げた。「大学や研究機関が集積する東広島は、まだまだ多くのポテンシャルを秘めている」。市を思う気持ちはいささかも衰えていない。 (日川)


最新ニュース

東広島市社協に車を寄贈 西条ロータリークラブ

安芸津で総合防災訓練 豪雨発生を想定 700人が参加

152人が自慢ののど披露 市長杯オープン歌謡選手権

ベテランからビギナーまで134点ずらり 第29回東広島合同写真展

介護サポーターになりませんか 退職後の就労先として注目

広島地区本部から過去最多入賞 少林寺流錬心舘全国空手道選手権

みんな笑顔に! 西条町寺家に歯科医院が開院 みんなの歯科クリニック

連載特集 もう一つの空き家問題 学生アパートの今昔事情

くららの大ホール裏側を見学 親子連れら45人

若いアイデア 内装に反映 ミライノ+

東広島商工会議所青年部だより 8月例会

市長と語ろう! 気軽におしゃべり 【テーマ】地域で活躍する学生

遺族ら250人が平和への誓い新たに 東広島市戦没者追悼式

カヌーやヨットを体験 小学生たちに指導 B&G黒瀬安芸津 海洋クラブ

竪穴住居跡など発掘 友松3号遺跡で説明会

東広島の空き家問題 第3弾 不動産業者の本音

書で原爆への怒りを訴え 被爆者 青山さんが作品展

核兵器のない世界を 原水禁国民平和大行進

東広島市 広島大への交通手段確保へ カーシェア活用し社会実験

吟剣詩舞に親しむ190人が参加 第5回日本コロムビア吟詠音楽会

運転免許の自主返納者増加 バス運賃割引の社会実験 東広島署など実施

世界各地の社会課題考える 近大附中3年生 留学生と英語で学ぶ

広島大学 輝く学生 広島大体育会女子剣道部


pagetop