ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2019/7/11

東広島市 初期救急医療体制を強化 

平日夜間 小児科空白日は半減

 東広島市は7月から初期救急医療体制を見直し、平日の夜間診療や休日診療体制を拡充した。これまで、平日夜間に診療ができない小児科の「空白日」は月に8日程度あったが、今回の対応で空白日はほぼ半減。内科の空白日はゼロになる。

 東広島市では、平日夜間の初期救急は市内の開業医が輪番で担っていた。しかし、小児科を中心にした医師不足や医師の高齢化などで、初期救急を維持する医師の確保が喫緊の課題となっていた。

 このため、市では東広島地区医師会と連携し、初期救急に協力できる医療機関に働き掛けを行っていた。広島大大学院(内科)、同医師会所属の新規開業医(小児科)、県立障害者リハビリテーションセンター(小児科)、隣接市の開業医(小児科)が協力することになった。

 新たな医師を確保できたことで、市休日診療所(東広島保健医療センター内)では年間で24日〜48日、平日の夜間診療(内科・小児科)を開始。在宅の小児科診療は年間で24日増える見込みだ。また、市休日診療所の医師をこれまでの一人体制から、年間で24日〜29日の2人体制を実現、診療体制の強化を図る。

 市健康福祉部によると、市内の開業小児科医は10人しかいない。市健康福祉部では「小児科医の確保や、二次救急医療との連携などで、さらなる初期救急医療体制の強化に努めたい」としている。

  (日川)


最新ニュース

東広島市社協に車を寄贈 西条ロータリークラブ

安芸津で総合防災訓練 豪雨発生を想定 700人が参加

152人が自慢ののど披露 市長杯オープン歌謡選手権

ベテランからビギナーまで134点ずらり 第29回東広島合同写真展

介護サポーターになりませんか 退職後の就労先として注目

広島地区本部から過去最多入賞 少林寺流錬心舘全国空手道選手権

みんな笑顔に! 西条町寺家に歯科医院が開院 みんなの歯科クリニック

連載特集 もう一つの空き家問題 学生アパートの今昔事情

くららの大ホール裏側を見学 親子連れら45人

若いアイデア 内装に反映 ミライノ+

東広島商工会議所青年部だより 8月例会

市長と語ろう! 気軽におしゃべり 【テーマ】地域で活躍する学生

遺族ら250人が平和への誓い新たに 東広島市戦没者追悼式

カヌーやヨットを体験 小学生たちに指導 B&G黒瀬安芸津 海洋クラブ

竪穴住居跡など発掘 友松3号遺跡で説明会

東広島の空き家問題 第3弾 不動産業者の本音

書で原爆への怒りを訴え 被爆者 青山さんが作品展

核兵器のない世界を 原水禁国民平和大行進

東広島市 広島大への交通手段確保へ カーシェア活用し社会実験

吟剣詩舞に親しむ190人が参加 第5回日本コロムビア吟詠音楽会

運転免許の自主返納者増加 バス運賃割引の社会実験 東広島署など実施

世界各地の社会課題考える 近大附中3年生 留学生と英語で学ぶ

広島大学 輝く学生 広島大体育会女子剣道部


pagetop