ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2019/7/4

市がブックデビュー講座

「赤ちゃんとおしゃべり楽しんで」


▲言葉掛けや読み聞かせの大切さを呼び掛ける今井教授

 東広島市では、赤ちゃんと本を結ぶためのさまざまな活動を「ブックデビュー」と名付け、地域や家庭でブックデビューを広げるための講座を今年度から開始した。6月24日には同市黒瀬町菅田の黒瀬生涯学習センターで、第1回目となるブックデビュー推進講座が開かれ、乳幼児の保護者や絵本の読み聞かせの活動をしている人など約130人が参加した。

 講座では、慶應義塾大学環境情報学部の今井むつみ教授が、認知科学の分野から、言葉や絵本を使った赤ちゃんとの触れ合いの大切さを呼び掛けた。今井教授は「赤ちゃんへの豊かで質の良い言葉掛けが、ことばの力と考える力の発達を促し、就学以降の学力を支える」と述べ、「特別なことはしなくても、大人が赤ちゃんとのおしゃべりを楽しむ気持ちで、発達段階に合わせた声掛けや読み聞かせをすればよい」と強調した。

 5カ月の息子と参加した同市三永の主婦、高畑真希さん(33)は「こちらの呼び掛けに反応するようになって面白い時期。講座に参加して、読み聞かせをそろそろ始めようかなと思った」と笑顔だった。

 市では今後、保護者や妊産婦を対象にしたブックデビュー講座、絵本を使った子育て支援などで活躍したい人向けの講習や実地研修などを開催していく予定。

 (茨木)


最新ニュース

SNSで開発商品の意見を 東広島の食つくり手とつかい手プロジェクト

東広島地区医師会にフェースシールド寄付 東広島ライオンズクラブ

第2波へ備え、緊張感持って対応 東広島地区医師会 山田 謙慈会長

社員は会社の宝 メンテックワールド社長 小松節子のハートフルメッセージ

「良い親子関係を築いて」 臨床心理士 土居さん オンラインでペアトレ講座

地元飲食店の弁当を販売 のん太応援お弁当・お総菜コーナー設置 ショージ

バスを作ろう! ペーパークラフトの型紙配信 芸陽バス

東広島ブランド地鶏開発担う 「日本鶏の研究価値を高めたい」

食材のうま味 プロが生かす 広島県料理業生活衛生同業組合 藤田寛治さん

配達OK!! グルメデリバリー通信

営業再開 店舗一覧(2020/5/28)

新型コロナ対策 素朴な疑問 【東広島市社会福祉協議会編】

臨時休校 東広島市の保護者の不安 【生活面編】


pagetop