ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2019/7/4

「プログラミングって楽しい」

ITマスターが西志和小で講義


▲指示通りに動くNAOに釘付けの児童

 東広島市志和町の西志和小で6月19日、情報技術関連の優れた技能を持つ技能者「ITマスター」がロボットプログラミングの講義を行った。情報技術に興味を持ち、魅力を感じてほしいと、広島県職業能力開発協会が主催。

 派遣されたITマスターは3人で、講義を受けたのは、6年生児童33人。児童はグループに分かれて、専用のタブレットソフトを使い、人型2足歩行ロボット「NAO」への指示を打ち込んだ。児童たちは、「こんにちは」などとしゃべらせてみたり、怒るポーズなどをさせたりと、思い通りに動くNAOの一挙一動にくぎ付け。目を輝かせて、次々と指示を打ち込んでいた。最後に各グループで、NAOの質問に児童が答えて会話をするプログラムを作って発表した。ITマスターの国保亮利さんは「プログラミングをすることでいろいろなものが動いている。例えば自動販売機がどうやって動いているのかと意識して生活してみるのも楽しい」と児童たちに呼び掛けた。

 馬場悠太君(11)は「楽しかった。コンピュータが指示をしてロボットを動かすことができるんだ」と驚いていた。同協会の熊野良樹専務理事は「IT技術はなくてはならない存在。小学生のうちから慣れ親しんでもらい、職業選択で意識してほしい」と話していた。

 厚生労働省の若年技術者人材育成支援等事業の一環。ITマスターを県内の小学校に派遣するのは、今回で4校目。

  (石田)


最新ニュース

将来の夢を考えて 小学生210人が職業体験 こどもドリームアカデミー

東広島市と36郵便局 6項目で包括的連携協定締結 市の魅力発信に協力

暴力追放功労者を表彰 広島県暴力監視追放防犯連合会

安全な職場に決意新た 無事故・無災害記録を更新 上垣組が安全大会

125人が自慢の歌声披露 東広島歌謡祭

サイクルロードレースがなぜ東広島で開かれたのか。きっかけは伝説的レーサー

東広島の通信簿「学生が住みよいまちとは?」を読んで

自民独占か、野党が阻止か 参院選・広島選挙区 7人立候補し激戦

薬物乱用防止訴える 高校生が街頭キャンペーン

東広島市 初期救急医療体制を強化 平日夜間 小児科空白日は半減

春の叙勲 喜びの声 元東広島市議 下村昭治さん

マイナンバーカード普及を 交付申請を市職員がお手伝い

90人が型と組手で競う 女子総合空手道選手権 錬心舘広島地区本部

特産品のびわ収穫体験 安芸津町 風早小の3年生

「ベルマークで恩返し」 被災校を応援 岩手の小学校から小谷小へ

救助資器材を東広島市に寄付 マイクロンメモリジャパン合同会社

草刈りの仕上がりとパフォーマンス競う 小田わくわく実行委員会

教えて! 素敵女子のワークライフ 大進創寫舘 東広島店

「プログラミングって楽しい」 ITマスターが西志和小で講義

知らなかった!驚きと感心 向陽中生徒が職場体験

東広島商工会議所青年部だより 6月例会 ほめる達人への道

東広島市 名誉市民に佐竹利子さん 食を通じた社会の発展に貢献


pagetop