ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2019/6/20

甘味と高い香りが特徴 全国857点の新酒並ぶ

東広島で全国新酒鑑評会


▲メモを取りながら味と香りのバランスを確かめる来場者

 酒類総合研究所(東広島市鏡山)と日本酒造組合中央会(東京都港区)が共催する平成30酒造年度全国新酒鑑評会の製造技術研究会が5月29日、同市西条町田口の東広島運動公園で開かれ、全国から酒造関係者1551人が集った。

 前年7月以降に製造された清酒の出来栄えを審査する全国規模の鑑評会で、清酒の製造技術と品質の向上を目的に1911年から開催し、107回目。

 今回は前年度よりも7点多い857点が出品され、416点が入賞酒に選ばれた。そのうち、特に成績が優秀と認められた237点が金賞酒に輝いた。広島県からは38点の出品があり、18点が入賞酒、うち8点が金賞酒に選ばれた。福島県から22点が金賞酒に選ばれ、金賞受賞数で7年連続の日本一となった。

 会場には都道府県別に出品作品が並べられ、来場者は少量ずつ口に含みながら香りの質や後味などを確認していた。2年連続で金賞を受賞した大雪渓酒造(長野県)の薄井結行専務取締役(35)は「他の作品の出来栄えを味わって、自分たちの立ち位置を確かめるために参加している。消費者にうまいと言ってもらえる酒づくりを心掛けていきたい」と話していた。

 酒類総合研究所は「原料米の品質にばらつきが大きかったことや全国的な暖冬が原因で、もろみの管理に苦労した製造場が多かった。全体としては昨年とほぼ同じで、甘味と高い香りを特徴とする酒質となった」と講評した。

 広島県の金賞酒は次の通り。

美和桜(美和桜酒造)、黒松 千福(三宅本店呉宝庫)、黒松 千福(三宅本店吾妻庫)、雨後の月(相原酒造)、三谷春(林酒造)、酒将 一代 弥山(中国醸造)、特製金紋 賀茂鶴(賀茂鶴酒造2号蔵)、桜吹雪(金光酒造)

(茨木)


最新ニュース

子ども用マスク作りに取り組む 高屋西小PTA 親子折り紙教室

新型コロナへの対応を協議 被災者支援のボランティア活動

一般質問で会派を分析 東広島市議会@ 創志会 農業分野に切り込む

介護サポーターを知って 事業説明会・面談会に48人参加

東広島RC 外国人児童生徒を支援 市教委に多国語翻訳機贈呈

広島大学の若手研究者に聞く 選手のパフォーマンスの最適化のため、体温に着目

新型コロナ 東広島市中小企業等緊急相談窓口の状況

消防局が住民4人に感謝状 火災鎮火に貢献、水難事故で人命救助

桃が旬、例年より甘く 阿部農園で収穫真っ盛り

東広島市が表彰制度新設 優良工事施工で業者5社表彰

西條商事 豊栄地区で販売スタート! 移動スーパー「とくし丸」

介護サポートの味方 マッスルスーツ寄贈 メンテックワールド・広銀が八本松病院に

英検が受けられるセンター 寺家駅前にオープン

「食事の際などに活用して」 外したマスクを包んで保管 大洋印刷が商品開発

全室個室のプライベート空間で焼肉を 「大たにや」オープン


pagetop