ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2019/5/30

INTERVIEW JA広島中央 河野孝行組合長

地産地消さらに促進
他JAと連携し魅力ある品ぞろえ

 東広島市西条町寺家にオープンした「とれたて元気市となりの農家店」。JA運営の県内最大級規模の産直市として、消費者や生産者から注目を集めている。JA広島中央の河野孝行組合長に意気込みを聞いた。(橋本)

―野菜の他に精肉、鮮魚、総菜もあり「より買い物が楽しくなった」という消費者の声を聞きます。

 「ここに来れば県内のおいしい農水畜産物がそろう」という店を目指す。全て生産者の顔が見える商品で、消費者の皆さんに安心・安全を感じていただき、さらなる地産地消の推進につなげたい。

―全農との共同運営によるメリットは。

 他のJAとの連携がしやすい。東広島産を中心とした県内産の商品を豊富にそろえながらも、他県の付加価値の高い商品を仕入れて販売することで、店の魅力が高まっていくと考えている。店の売り上げが伸び、流通量が増えることで、ひいては県内外の生産基盤の拡大につながっていく。今後、中四国地方のJAと連携していく。


▲小カブを店頭に並べる生産者。消費者と生産者の距離が近いのが産直市の魅力の一つ
―生産者も元気市に期待しています。

 商品の良さや特売情報などをしっかり消費者に伝えていく広報活動にも力を入れ、販売力の高い店づくりを目指す。これと共に、となりの農家高屋店・黒瀬店の元気も出していきたい。両店への出荷については、タマネギ、青ネギなど22品目はJAの買い取りにし、生産者の収入の安定化を図る計画。

―今後どのような品ぞろえを考えていますか。

 ブランドの野菜や果物を仕入れていきたい。例えば、鳥取県の大栄スイカ、ラッキョウ、愛媛県のミカン「紅マドンナ」など。おいしい野菜や果物を味わって、楽しんでほしい。贈答品としても最適なので、消費者に提案していきたい。


▲5月24日のオープン式典で行われたテープカット

pagetop