ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2019/4/11

東広島市議選2019
>>特設ページへ

アンケート「市議会について」集計結果

 東広島市議会議員一般選挙が4月14日に告示、4月21日に投開票されます。有権者の皆さんに、市議会についてお聞きします。

 回答者住所  西条 39 八本松 8 高屋 8 黒瀬 5 河内 1 安芸津 4 その他 3


市議会・市議会議員へのイメージは。

●市のために真面目に頑張っている

●馴染みがない、何をしているのか分からない

●地元のことを考えてくれてる

●いいイメージはない

●市民の意見を代表して代弁してくれる

●保守的。議会の広報を見ても賛成ばっかりなので

●だいたい、同じような質問ばかり。また、少数派の意見はほとんど聞かれないか、大きい団体に横取りされている

●市を良くするために問題提起をして改善を図っている

●馴れ合い

●大きな問題も起きておらず、まあクリーンに感じています

●市議会だよりが全て?

●学歴や、政策の展望ばかりで、内容があまりない広告がよく入れられるイメージ

●市民だよりでしか垣間見ることがないので、イメージが持ちにくいですが、議員さんたちは良く言えば地域や政党内のお付き合いを大切にされて仕事をされてるのかなと思います。市民だよりは、いつみても各提案について共産党議員の方がその他全員と逆の意見、という構図で、政党や会派で意見が決まるのかなと思ってしまいます

●市のことを決めてくれている。ただ、人となりが分からないので信頼できるかは分からない

●おじさんたちの会議

●誰がなっても一緒だと思うが、本当に市民のためになって考えてくれる人が良いと思う。しかし、名前だけお願いしますでは、分からない

●明るい。真面目。政策があと少し足りない

●市政、他議員がやろうとしている事を議会でチェックして実行、見直しさせるまたは、市民の声を議会に挙げて実行させる仕事

●定数30は、多すぎると思う

●活動内容があまり知られていないが、東広島市を改善してくれている

●身近な存在

●閉鎖的な印象

●難しい話し合いをしているイメージ

●時期になると選挙カーが走っていたり、街中で演説している。これからの東広島をより明るく元気にしてくれる期待の場所

●民意はどこ?

●地元のおじさん。裕福なボランティア精神の人。

●政策うんぬんより最終的に○○の会 ○○党といった人たちが当選する


pagetop