ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2018/12/20

広島グルメ シェラトングランドホテル広島 日本食「雅庭みやびてい

伝統ある日本料理を若い人たちに伝承していくのが使命


2019年 雅庭お年玉スペシャルメニュー 〈通常3万6000円相当の会席〉
【祝肴】甘鯛・蝦夷鮑・裏白椎茸・松葉黄パプリカ・カマンベールチーズ・イクラ・金箔餡
【富多物】土瓶蒸し(牡蠣・伊勢海老・大黒占地・青梗菜・酢橘)
【馳走】松坂牛の炙り造りと早堀筍の重ね盛り 相混葱 薬味三種(山葵・藻塩・ポン酢)
【家喜物】九絵・亀甲芋・芽慈姑 柚子味噌ソース 振り柚子
【多喜合せ】蟹鍋(多良場蟹とズワイ蟹)野菜色々
【寿の物】鮭児・鮪・猿払帆立の美味丼 酢取り生姜 鮭児荒の三平仕立て
【甘味】スペシャル苺ブリュレ
※要予約(平日・終日限定100食)、1万3600円(税・サ込み)

お客さんのニーズや期待に応えたい


ゆったりした店内は、座席・鮨(すし)カウンター・鉄板・バーとシーンに合わせて利用できる

 広島市東区若草町、広島駅新幹線口の東側にあるシェラトングランドホテル広島。館内全体が瀬戸内海の光と海をテーマにしたデザインで、7階日本食「雅庭」は厳島神社の回廊をイメージ。

 「ホテルには海外からのお客さんも来られる。また、利用される目的も接待、お祝い、法要など多様。来店されるお客さんのニーズや期待に応えたい」と石田洋輝料理長。

 ホテルでの会食は、料理の味もさることながら、華やかさも求められる。石田料理長は、先輩が勤める料亭で初めて料理を見た時、きれいな盛り付けとそのおいしさに感動し、料理人になった。東京日比谷の鴨川で梶原正行氏に師事し、徹底的に料理を勉強。五味・五食・五感を大切にし、美しく盛り付ける。石田料理長が感動し料理人を志した時のように、料理の美しさに魅了されるお客さんがいるかもしれない。

 「地ものだけの料理にしてほしい」という顧客のリクエストに応えたり、アレルギーや、ハラール料理にも対応したりする。「予約などで事前に分かるので対応しております」と石田料理長。他の料理人によると、それらに対応できるのは技術と知識があってこそだという。

 「伝統ある日本料理を若い人たちに伝承していくのが使命」と石田料理長。次世代を担う料理人が増えることに期待が高まる。

石田 洋輝 料理長

 ウェスティンホテル東京を経て、東京銀座や首都圏を中心に老舗料亭などで腕を振るう。2011年、シェラトングランドホテル広島開業と同時に日本食「雅庭」料理長に就任。

tel.082・262・7111(代表)※シェラトングランドホテル広島

[所]広島市東区若草町12番1号
[営]ランチ 平 日11:30〜14:30(L.O.14:00)
        土・日・祝11:00〜14:30(L.O.14:00)
   ディナー 17:00〜22:00(L.O.21:00)


pagetop