ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2018/11/1

みんなのぷらざ

ギャラリー

大学と埋蔵文化財 キャンパスの遺跡・発見された文化財の魅力


山中池南遺跡第2地点調査風景
市民ギャラリー
11月7日(水)〜11月12日(月)

 広島大学総合博物館では、11月7日〜12日の10時〜18時、市民ギャラリーで「大学と埋蔵文化財 キャンパスの遺跡・発見された文化財の魅力」を開催します。東広島キャンパスを中心に、さまざまな時代の遺物を展示し遺跡を紹介します。他の国立大学で出土した遺物の展示や調査成果の紹介、海外の貴重な文化財の保存・公開の様子も紹介します。埋蔵文化財の魅力に触れていただく機会となれば幸いです。ぜひご来場ください。

■広島大学総合博物館埋蔵文化財調査部門/082(424)6198

東広島市民ギャラリー
東広島芸術文化ホールくらら1階 

【所在地】東広島市西条栄町7番19号 
【電 話】082(426)5900
 ※入場無料


プレスネット フォトリポート

黄色のツーショット


10月21日、東広島市高屋町で撮影

 JR山陽本線では新型車両「レッド・ウイング」が主流となり、旧型の黄色い列車は消えつつあります。今、沿線は黄色いセイタカアワダチソウの花が満開なので、列車が通過する瞬間、カメラのファインダーは一瞬、黄色に染まります。こんな光景は来年の今頃はないかもしれないので、記録しておきました。

(フォトリポーター 船越雄治)

コブシの挙


10月17日、東広島市西条町内で撮影

 演歌「北国の春」の歌詞に登場するので、コブシの白い花は誰でも知っています。しかし秋に出来る実は意外と知られていません。5本の指を握りしめると拳(こぶし)となりますが、それとそっくりな拳状の袋果が出来ます。木の名前の由来は、この実にあります。熟すと中から真っ赤な実が現れます。

(フォトリポーター 船越雄治)

キタマゴタケ

 タマゴタケの仲間は数種ありますが、キタマゴタケはその名に最もふさわしいキノコです。土中には卵の殻のような袋があり、菌体はその中で成長し、成長とともに土を押しのけて地表に現れます。傘の色と形は卵の黄身にソックリなので、生卵を割った瞬間のようです。やがて傘は開いて、普通のキノコになりますが、傘が開く前の姿は魅力的です。卵かけご飯が大好きな私にとって、キタマゴタケは親近感を感じるキノコです。

(フォトリポーター 船越雄治)


酒まつりステージ出演

▽と き 10月7日(日)
▽ところ 東広島市西条

 東広島シュタイナーこども園さくらは、今年も酒まつりのステージに、手作りの弦楽器バンドーラ演奏で出演しました。有志のお母さんや卒園児も一緒に演奏し、園児たちが歌を歌いました。バンドーラは、厚い板をノミでくり抜くところから親子で何時間もかけて作り上げました。皆さんにバンドーラの温かい音色を楽しんでいただき、私たちも楽しい時間となりました。

(記・岩崎寛美)


一句

東広島俳句協会会員の作品

佳き名もつ牡牛の毛艶小六月    森田 陽子
島に来た移動図書館文化の日    計田 芳樹
落葉掃き心の曇り晴れにけり    大竹 貞子
文化の日消せるインクのボールペン 青木 遵子
黄落や絵画みるごと寺の庭     荒川美恵子


みんなのぷらざでは、皆さんの投稿をお待ちしております

 「セカンド楽しライフ」は定年後の趣味や生活の仕方などで400字以内、「うれしい仲間」はさまざまな集いで撮影した写真と記事(200字)、「わたしのスケッチ」はあなたのお気に入りの写真にひと言添えて送ってください。文章を添削する場合があります。原稿には必ず郵便番号、住所、氏名(わたしのスケッチはペンネームも可)、年齢、電話番号を明記してください。
 郵送 〒739−8616 プレスネット「みんなのぷらざ」係へ メール weekly@pressnet.co.jp


pagetop