ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2018/10/4

ラジオ講座「学びの時間」 10月5〜26日

〈テーマ〉 ジャズを楽しむ 〜知って面白いジャズの仕組み〜

 広島大学OBの教職員らでつくる「広大マスターズ」の会員を講師に迎えた週1回のラジオ講座を、FM東広島で放送します。テーマは生活、地域社会などで、全4回。10月5〜26日の内容を少しだけ紹介します。

今回の講師 小方 厚さん

おがた・あつし 工学博士。名古屋大学プラズマ研究所(現・核融合科学研究所)、日本原子力研究所(現・量子科学技術研究開発機構)、高エネルギー加速器研究機構をへて、広島大学先端物質科学研究科ビーム物理研究室へ。2005年退職。著書に「レーザーとプラズマと粒子ビーム」「音律と音階の科学」。

 踊るあほうと見るあほうと言いますが、ジャズの場合は「演るあほうと聞くあほう」と言えそうです。下手な演奏は、やる方は楽しくても、聞く方はたまらない? 下手な演奏を楽しく聞く方法は、やる側に身を置くことです。演奏する側の気持ちを、この放送を通して多少とも察してい
ただければ幸いです。

ジャズの素材と演奏手順


広島大学ジャズ研究会

 ジャズは即興演奏を主体とする演奏形態です。どんな曲でもジャズになりますが、主な題材は@ポピュラーなどの既存曲、Aブルース、B ジャズのオリジナル の三つです。「ジャズに名演はあるが名曲はない」という言葉もありますが、ジャズにして面白い曲は存在します。

 ジャズの演奏の手順はこうです。テーマを合奏してから、メンバーが一人一人(すなわちソロで)即興演奏し、その後テーマに戻って終わります。曲の3要素はリズム・メロディー・ ハーモ二ーと言いますが、リズムは一度決めれば曲を通して変わらず、メロディーがストレートに登場するのは前テーマと後テーマのときです。

 即興は原曲からハーモニーはそのままで、メロディを取り去り、別なメロディを乗せることと言ってもいいでしょう。ハーモニーはコード進行という形で具体的に与えられ、演奏者が共有します。

枯葉のコード進行

 図1は「枯葉」の演奏に使うコード譜です。コードのアルファベットを拾うとCーFーB♭ーE♭ーAーDーGーCーFーB♭ となります。

 図2は5度円というもので、上記のコードは円周上をCから反時計回りに FーB♭ーE♭とたどり、対岸のAに飛んで、そこからまた反時計回りに AーDーGーC とたどっています。

5度円進行

 CDEFG…はハニホヘト…と読み替えることができます。ハ長調から#を増やして行くと、調性はト長調・ニ長調・…と移り、♭を増やして行くとへ長調・ 変ロ長調…と移ります。

 曲の途中で気分を変えるときに転調しますが、最も自然な転調は5度円をたど るものです。コード進行はミクロな転調であり、「枯葉」のコード進行はとても自然です。

 5度円はピタゴラスの時代から知られていました。ジャズのルーツは西洋音楽とアフリカ音楽ですが、西洋音楽をさかのぼればピタゴラスの時代に行き着きます…と、いうようなことに興味をお持ちでしたら、拙著「新装版・音律と音階の科学」(講談社ブルーバックス、2018年5月発行) をご参照ください。

東広島でジャズライブを

 黒瀬町丸山のジャズバーBlack& Tanでプロの演奏が聴けます。広島大学ジャズ研究会の演奏が学内のマーメイド・カフェ、西条下見のお好み焼き・真心ディズなどで無料で聴けます。酒まつりでは6〜7日、賀茂鶴1号蔵などでジャズライブがあります。7日にはJR西条駅北側の教善寺でジャズステージがあります。


FM東広島 放送スケジュール

 FM東広島(89.7MHz)で小方先生の講座を放送します。それぞれ、日曜日17時〜、再放送をします。


広島大学ジャズ研究会
第1回 10月5日(金)12時〜
ジャズ入門

●ジャズとポピュラーの違い
●ジャズ演奏のルーティン テーマ→アドリブのソロまわし→テーマ 
●けんかセッション Bag’s Groove

第2回 10月12日(金)12時〜
ブルースの世界

●ブルースの音階とコード進行
●ポピュラー音楽のブルース…プレスリー・高田渡・キャンディーズ
●いくつかのジャズブルース

第3回 10月19日(金)12時〜
スタンダードの世界(予定)

●最初の教材だが、永久に卒業できない「枯葉」
●やたらと転調するAllthe Things You Are
●そこからコード進行を借用したオリジナル Prince Albert

第4回 10月26日(金)12時〜
いろいろなジャズ(予定)

●モード
●ボサノバ
●スイングしなけりゃ意味がない


pagetop