ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2018/8/9

豪雨被災者の生活を支援 10万円の特例貸付を開始

広島県社協

 広島県社会福祉協議会では、生活福祉資金特例貸付を7月26日から開始した。今回の西日本豪雨災害で被災した人たちを支援しよう、と一時的に必要な生活費を無利子で貸し付ける。

 対象は、県内に住所が有り、当座の生活費を必要とする被災した世帯。貸付限度は1世帯につき1回限り10万円(条件を満たす場合は20万。貸付は10万円単位)。返済は貸し付けをした日の1年後から始ま り、そこから2年以内が条件。

 申し込みは、各市区町社会福祉協議会へ。身分を証 明するものや、印鑑、申し込み本人名義の通帳またはキャッシュカード(ネット銀行は不可)を持参する。

 詳細は広島県社会福祉協議会生活支援課082(254)3413。受付は平日の10時〜16時。

 (山名)


pagetop