ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2018/6/28

建築家との家づくり、その魅力に迫る

 新築を建てる選択肢として「建築家と建てる注文住宅」がある。敷居の高さを感じる人も多いだろう。 家づくりとは、家を建てることが目的ではなく「これから暮らしていきたい家を建てる」こと。それぞれの建築家の思いと、物件の魅力を探った。


〉〉opt div. 田中 健二 さん

「人の暮らしは均一ではない」

 家は大量に生産すれば、材料費などコスト削減により、低価格な販売ができる。多くはこのような建売や規格住宅が中心。これは均一でなければ成り立たず、工程を簡素化することも必要。

 家は、それぞれの「暮らし方」に寄り添え、なじめているかだ。「暮らし」に目を向けたとき、価値観は均一ではない。家づくりは、住む人の価値ある思い出づくりにも深くかかわる。トレンドからライフスタイルを想定し、規格する住宅が増える中、田中氏は、日興ホーム(東広島市西条町寺家)と、家と暮らしの本質を意識した「optコンセプト住宅」を設計した。

 「opt」は、家全体の30%を変えることで、暮らし方が180度変わるそんな住まい。秋に完成予定のモデルハウスは、インテリア空間を楽しむ「BASIC」プラン。暮らし方に合わせてタイプが選べ、ペットと暮らすプランやDIYを楽しむプランもある。


〉〉ラーバン 下田晋祐さん

「光や風を取り入れながら、未来を見据えた家づくり」

 「建築家を入れて、家づくりをする」と聞くと、全ての要望を形にしていくことだと捉えがちだが、実はその通りではない。もちろん要望から骨子を作成していくが、その段階で家族のライフスタイルを一緒に考えながら提案する。

 家を建てる土地環境にもこだわり、風の抜ける場所、太陽の位置関係など四季を通して変わる自然環境も視野に入れる。夏は通風を利用し涼しく、冬は光を最大限に取り込み暖かい家を一軒一軒シミュレーションしていく。真夏日の外気温35度の場合、室内気温が32.6度になり、エアコンの電量が以前の4分の1になった実例も。

 ラーバンの注文住宅は他社と違い、設計施工の一貫体制で資金計画から希望のデザインも含め安心して家づくりが進められる。スタッフ全員が建築学校を卒業したプロ集団。リフォーム事業も幅広く手掛ける。


〉〉sunoma一級建築士事務所
中土居 美代子さん(左)  久保田 孝さん(右)

「家族の好きを形にした家づくりを提案」

 家族の暮らし方や、好みはそれぞれ違う。心地良い暮らしを考えると、一般的な枠組みだけにとらわれず柔軟な発想が必要。同じ土地でも、違う家族が家を建てることになれば、全く違う形になる。

 同社が提案する家は、家族の「こんな暮らしがしたい」を形にした住まい。大切にしているのは、打ち合わせの時間。間取りの話はもちろん、一人一人の好みを聞き出すことが重要だと言う。「それぞれの『好き』の本質を考え、潜在的に心地良いと感じる空間を提案し、プロとして可能な限り要望に応える」という。住む人の思いと、ワクワクできるベストな形を提案するのが役目。男女の建築家のパートナーシップで、異なる視点と感性を融合したアイデアで提案ができるのが魅力。このユニットで、新築はもちろんリフォームやリノベーションも手掛ける。今を楽しみ、未来も楽しむ!これがsunomaの家づくり。


〉〉木村哲也建築デザインオフィス 木村哲也さん

「建築家を入れることで、妥協のない家を実現」

 建築家と家を建てるメリットは、専門的な知識を持つ人と打ち合わせ段階から話し合うことで要望が形になりやすいこと。家族の将来設計やライフスタイルをイメージしながら提案を行うので、目の前の未来だけでなく、将来を見据えた家づくりが可能に。将来的に必要ないものを削除することで、コスト削減にもつながる。

 どんな家にするかを決める要因のひとつは周辺環境。郊外、都心などさまざまだが、その環境をどう生かすかが建築家の腕の見せどころ。無理矢理、既成の家を建てるのではなく、風の向きや光の差し方、空や山とのコントラストを実際現場に赴き、肌で感じて提案をしていく。

 建築家に頼むと、斬新なデザインで住みにくいというイメージを持つ人も多いが、高断熱で極力機械に頼らず、自然の力を借りて住みよいパッシブデザインの環境を生み出している。


pagetop