ザ・ウィークリープレスネット

 記事検索

2018/5/17

「東広島好きになって」

市が大学生対象にツアー

 東広島市は、今春、市内の大学に入学した新入生に、市内の名所などを案内する「Welcomeひがしひろしまツアー」を行った。新入生が東広島の魅力を感じるきっかけづくりになれば、と初めて計画した。

 4月22日に行われた福富ツアーには新入生10人が参加した。テーマは「美×食もりだくさんin福富」。企画には市内大学生が参画し、学生目線の意見も取り入れた。下竹仁や久芳を巡り、食材にこだわっているグルメスポットで昼食を取ったり、酵素風呂を体験したりした。

 市学園都市推進課の担当者は「入学してすぐの早い時期に、まずは東広島のことを知って、体験を通して好きになってほしい」と話していた。5月6日には豊栄町で、13日には志和町でそれぞれ大学生を対象とした「Discoverひがしひろしまツアー」を開催し、農作業体験や古民家訪問を行った。

 (村岡)


pagetop